her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカ…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価


『her/世界でひとつの彼女』

監督
スパイク・ジョーンズ

出演
ホアキンフェニックス
スカーレットヨハンソン
エイミーアダムス

これは…脳出血で倒れる前に観た映画🎞だった(笑)
2013年だからギリギリか。

そう遠くない未来、ロサンゼルス。
他人の代わりに想いを伝える手紙✉️を書く"代筆ライター"

頭の中でパソコンのように、メール削除をしているセオドアたん。
"昼ドラのスターが衝撃の妊婦ヌードを披露"で足を止めちゃうスケベーなごく普通の一般男性(笑)

あぁわけわからんゲーム🎮してらぁ。しかし、コレ面白れい(笑)

途切れ途切れ、奥さんの夢を見る👀
奥さん、亡くなったんだろうな
(;_;)
いや、亡くなってない!?

寂しさを紛らわらせるためチャットルームへ。誰でもアダルト🔞な経験、、、あるよね、なぁ!なぁ!(笑)

"ファックして、早く"
………変態だった(笑)
oh…人違いだった件
(@_@)ホッ

そんなこんなで(🔞とは別に(笑))人工知能型OS"サマンサ"に出逢う。

始めは疑心暗鬼だったが、すぐ打ち解けて、パソコンのファイル📄なんかの整理を頼む。次第にサマンサとの会話が楽しくなっていく…まぁこんな話。

OSは日々進化していくもんですよ。
春夏秋冬…なんて幻想チックな世界なんだろう。。。

でも元妻さんから見たらキモいんでしょうね!!キモいんでしょうね!!(大事なことは2回言わせて)

そうこうしているうちに、OSに浮気されました(笑)そーゆー言語で語れることではないんだよ!(逆ギレ)

そして、宇宙の旅へと行ってしまったとさ。おしマイケル
( ͡° ͜ʖ ͡°)

そこに愛はあるのかい?

だいぶハショリましたね(笑)
イイ感じの映画でしたよ🎞
sammy

sammyの感想・評価

3.9
新感覚過ぎて面白かった!
しかも泣けた。。
今だからこそできた映画だなと。
未来には普通にありえそうだし、
昭和の時には考えられなかった話だし。
名前も住所も知らない人とメル友に
なって恋愛に発展してる感じとも
また少し違うし、何だろ、なるほど〜
って思うような人工知能ならではの
あれこれを感じました。
nade

nadeの感想・評価

4.2
人間にできることを全部身につけた人工知能っていうレンズで「人間っぽさ」を見つめ返したら“〇〇できる”ことよりも“〇〇できないこと”こそが人間味だし個性であり、共存するのに不可欠な要素だったって教わった。主人公のが優位だった序盤から徐々にAIに置いてかれる過程を恋愛を通じて見た。「〇〇できない自分を通じて見る世界」こそが代替不可能な価値観だしもっと大切にしようと思った。
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.4
ちょっと分からなかった。。
分かりたかった。。。
でも近未来のパソコンとかオフィスとかデザインとか可愛かったし、なによりポケットに安全ピン刺してカメラあげてるところがもうすんごく可愛かったです。
AOI

AOIの感想・評価

3.3
I’ve been dating with OS
shimu

shimuの感想・評価

3.0
知人から面白いと聞き鑑賞しました。

うーん。
これは観る人によって本当に
評価が分かれる作品だなと思いました。

主人公、セオドアのシャツの色や
作品内での色味が好みだったし、
AIのサマンサとの写真が音楽だったこと。
素敵すぎた。

でも内容としては物足らなかったです。

セオドアは人間として成長出来たかもしれないけど、もう少し何か欲しかった。
maki

makiの感想・評価

3.3
そんなことほんとにあるのかよーって感じ
LUKEN

LUKENの感想・評価

4.4
おもっくそ切なかった..

実体のない存在てのはわかってる

けど笑ったり怒ったり冗談言ったり..
どんどん傷心してた主人公の心の支えになって

けど最後にはやっぱり遠い存在だってことに気づかされて..

その気づき方が自分にはグサグサきて
今まで観た映画の中で一番失恋した気分になりました笑

個人的にラスト10分前までは☆4.8ぐらいあっただけに最後がちょっともったいなかった

なんだよこのラストー!て思ったけどいつのまにか吹替で2回目を観てました

これは字幕の方がおススメです!

スカヨハのハスキーで機械くさくない起伏のある声がもっと身近な存在に感じました!
kanamin555

kanamin555の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人間の感情について、考えさせられる映画でした。
なんでもいいからルーニーマーラに殺したいほど愛してるって言われたいいいいいい

犬飼いたい
>|