her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカー…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価


『her/世界でひとつの彼女』

監督
スパイク・ジョーンズ

出演
ホアキンフェニックス
スカーレットヨハンソン
エイミーアダムス

これは…脳出血で倒れる前に観た映画🎞だった(笑)
2013年だからギリギリか。

そう遠くない未来、ロサンゼルス。
他人の代わりに想いを伝える手紙✉️を書く"代筆ライター"

頭の中でパソコンのように、メール削除をしているセオドアたん。
"昼ドラのスターが衝撃の妊婦ヌードを披露"で足を止めちゃうスケベーなごく普通の一般男性(笑)

あぁわけわからんゲーム🎮してらぁ。しかし、コレ面白れい(笑)

途切れ途切れ、奥さんの夢を見る👀
奥さん、亡くなったんだろうな
(;_;)
いや、亡くなってない!?

寂しさを紛らわらせるためチャットルームへ。誰でもアダルト🔞な経験、、、あるよね、なぁ!なぁ!(笑)

"ファックして、早く"
………変態だった(笑)
oh…人違いだった件
(@_@)ホッ

そんなこんなで(🔞とは別に(笑))人工知能型OS"サマンサ"に出逢う。

始めは疑心暗鬼だったが、すぐ打ち解けて、パソコンのファイル📄なんかの整理を頼む。次第にサマンサとの会話が楽しくなっていく…まぁこんな話。

OSは日々進化していくもんですよ。
春夏秋冬…なんて幻想チックな世界なんだろう。。。

でも元妻さんから見たらキモいんでしょうね!!キモいんでしょうね!!(大事なことは2回言わせて)

そうこうしているうちに、OSに浮気されました(笑)そーゆー言語で語れることではないんだよ!(逆ギレ)

そして、宇宙の旅へと行ってしまったとさ。おしマイケル
( ͡° ͜ʖ ͡°)

そこに愛はあるのかい?

だいぶハショリましたね(笑)
イイ感じの映画でしたよ🎞
Asuka

Asukaの感想・評価

3.5
人工知能が愛を知るようになる程、恐ろしいことはないなと思う。
しかし、まず子孫を残そうという本能も無いのに人工知能が愛を学ぶことがあるのかなあ…、この映画ではそれを美しく描いているけど、全然ステキなことじゃない。
今でさえSNSだけの人の繋がりが寂しいなと感じる時があるのに、その寂しさも紛れさせてしまうなんて…怖いなあ
まゆ

まゆの感想・評価

2.5
心に傷を負ったセオドアが人工知能でありながら、とても人間的で魅力的なサマンサに惹かれていき、人間とロボットという壁にぶつかりながらも愛し合っていくという話。人工知能から見た人間の感情についての話とかは面白かったし、サマンサは本当に魅力的だなって思った。だけど セオドアはあんまり見た目冴えない感じで 生々しい話が多かったりして気持ち悪さを感じた。
moruko

morukoの感想・評価

4.0
恋の複雑怪奇で幻影的な部分が、よく表現されていると感じた。
何度も観ようとして寝落ちを繰り返していた映画。

ブレードランナーにも出てきたAIとの恋、どうしても見てて違和感を感じてしまう
Tomoki

Tomokiの感想・評価

3.5
ブレードランナーとか最近、OSとの恋愛をテーマにしてる映画が増えてきて、思うものがあった。
ただ一つ言えるのは、恋愛はどこでもいつでもしようと思えばできるってこと。
AIが生活基盤となっている未来の世界の描写は非常に興味をそそられる。
ただ、結論としては警鐘に終わっている。どうやっても共存共栄の世界は想像できないのか。
>|