her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカ…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

miney

mineyの感想・評価

5.0
人工知能と人間との恋愛
近未来、こうしてコンピューターとのコミュニケーションが増えるのかもしれないなーと思う。
今男女の恋愛でもどうにも出来ない関係はあってそれはOSとでも変わらない事で、一緒に居れることは永遠だと信じてしまうものだな。
惰眠

惰眠の感想・評価

1.0
人工知能型OSとの恋というテーマに胸をときめかせていただけあってあまりにもしつこいアダルトな描写に結局最後まで見ることを諦めた もう一度見たいとも思わない
daisuke6

daisuke6の感想・評価

4.2
AIと人間の恋でその違いが興味深い
人生に疲れた中年男が最新の人工知能型OSに恋するぞ!

なんだろう、近づいたと思ったら離れて、離れたらと思ったら近づいて。
それはつまり現実の、この作品でいう"肉体のある"女性との恋愛と変わらないのかもしれない。
そういう意味では「普遍的」なラブストーリーだったのかなと。

スカヨハは声だけでさすがの存在感。
いつかこんな未来くるのかな。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.7
この前友達と話していて、拡張現実が人間になれるかと聞いた。つまりそれは技術的に再現性があるかどうかと。
視覚、聴覚、嗅覚はわかるけれども、言葉も、体に伝わる振動も技術で再現されるのだと聞いてすこしショックやった。人間と拡張現実の境はすぐそこにあって、でも大きい隔たりがあるのにそれも言葉にできない。
この映画をみていて、そうやって技術に驚くじぶんと、一方で人間の唯一性を信じたい自分がいて。にんげんとは。
山田

山田の感想・評価

3.7
面白かった
結末が忘れられない
あとスカジョの声最高
デジタルと女は怖いなっていう個人的な意見
主人公・セオドアは元妻・キャサリンを自己の枠組みにはめようとしたことで、2人の生活は破綻してしまった。
そこに現れたA.Iのサマンサは心地よいコミュニケーションをもたらし、彼の沈んでいた心は再び輝き始める。

恋愛は社会的に許された唯一の狂気という言葉の通り、セオドアとサマンサのやりとり(バーチャルSEXもある)は現時点での我々の理解からははるか遠くに思えたが、2人の間には確かに恋愛が存在していた。

A.Iは実在がないゆえ、マッチング性が高いけれどコミュニケーションとしての解像度は言語に依存するため低い。
対して人間は実在があるゆえに、マッチング性はまちまちだけれども、言語に加え表情、肉体とコミュニケーションの解像度が高い。

どちらがいいとかはないけれど、
最終的に思ったのは対話は間違いなく必要、ただそれが言語だけなのはきついなあと。

言語がもつ意味性は、表情や実在の解像度からすると削ぎ落とされたものだから、言語コミュニケーションに依存するのはよろしくない気がした。
セオドアはきっとそこに至ったのだと思う。

終わりの絶望と、そこからまた歩み始める胸の高鳴りを描いた至高の恋愛映画だったと思う。
‪次のジョーカーのホアキン・フェニックスってどんな人ってところから有名なこの作品を見てみた!シャラマン作品とかにも出てたみたいだけど知らなかった。スカーレットヨハンソンの声のAIとの恋。奇妙だけど説得力がある。脇役がとにかく豪華!エンドロールの曲も好き!‬
ジェイ

ジェイの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

AIと人間の恋愛物語

テーマはありきたりでもサマンサが最後まで声のみだったのは新鮮だった
また時代設定が結構未来っぽいので登場する背景やファッションなども楽しめると思う
思ったより性的な部分が強く描かれていて肉体のない彼女とのテーマを露骨に表現してる
代行セックスの設定も面白い
サマンサが声だけなのにセクシーで凄く引き込まれた
AIがめっちゃ成長して最後はセオドアの元から去っていくのは予想できてまうしちょっとSFに寄せすぎた印象でもっと別の結末の方が面白かったと思う
ラストは流れ的に自殺すんの?って思ってたけどよくわからない
エイミーを誘った意味もわからない
最後の方に元嫁との絡みもう少し欲しかった
セオドアがあまり好きになれない

設定も面白いし斬新な演出で色んな部分で楽しめるしいい作品だと思う
>|