her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

実体を持たないAIとの恋。
姿形に囚われないその恋は、究極の愛なのかと思ったけれど、結局主人公はAIの彼女を心から愛せていなかったのもしれぬ。

個人的な感想だと、結局多くの男性が思うところの、「俺の話聞いてただただ癒してちょ」的な所が見え隠れしてイラッとするっていうそれな。

そして私はやっぱり愛する人には触れたい。

愛とはなんなのでしょう。
ひと肌恋しくなる
実態のないAIと寝るっていうのは理解不能だった
ぽん

ぽんの感想・評価

-
買ったOSが勝手にいなくなってビジネス的によろしいの…?

スカヨハほんとに魅力的な声してる
ひろの

ひろのの感想・評価

3.3
回想のカットの入れ方が幻想的。
スカヨハのあの独特なチャーミングな掠れ声が堪能出来る映画。

エイミーの "知るか"、いい言葉。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.2
映像や音楽の美しさはもちろん、人工知能との恋愛という主題の描き方がとてもよかった。主人公が手紙代筆業者な設定もよいし、身体がないという問題をどうするか、そして恋愛の終わりをどう迎えるかという展開は、人間型に捉われない機械的知性の可能性を暗示していて面白い。

このレビューはネタバレを含みます

顔も知らない相手でも、声や会話を通して好きになること自体は、SNSの隆盛する現代では特に珍しいことではないが、相手が顔も体も持たないAIと分かっていながら果たしてここまで真剣交際できるものなのかと、どうしても首を傾げてしまう設定。ところでブレードランナー2049でもろにこの映画の影響を受けているシーンがありますね。
モエ

モエの感想・評価

4.3
設定が独特でとても好き
いい映画だった
eshu

eshuの感想・評価

3.2
ラブロマンス枠
でも私なら…
ホラーのコーナーに置く。

やっぱりAIと人間は違う…実体を持たないという点で。肉体無しの恋はリアルなのかなぁ。気持ちは本当…でも彼女は電池が切れたら声も聞けない(勝手に充電してくれるのかも?)…。

終わり方に救われたような気もするけれど…そもそも論としてやっぱりリアルには感じられない。だって会話の生々しさと現実があまりにも遠すぎる。

…熱い吐息に熱はなし。
Kazunari

Kazunariの感想・評価

3.5
機械が今よりも発達した世界にて
代筆の仕事をする男が
発売された人工知能の女性の声に
恋をしてしまうストーリー。



とても、切なく悲しいです。
でも、好きになる理由なんて
好きだからに決まってますよね。
僕もそう思います!!
好きだからしょうがない。

SEXシーンで
音声のみの技法が
主人公と同じ感覚を味わっているようで
良かった。

色彩感が温かくて綺麗でした。
ゲームのちびキャラ可愛い。
そして、スカーレット・ヨハンソンの
ハスキーな声が素敵だった。

でも、悲しい気持ちになる映画でした。
ため息がでる。
>|