her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

Kenjo

Kenjoの感想・評価

3.9
AIと恋に落ちる話。
AIが人間以上に人間的で、プラトニックな恋愛においてAIとの恋愛を超えるものはないんじゃないか、って思わされる。
最初はAIが実体がないことに引け目を感じて人間に嫉妬するけど、最後は逆にAIに嫉妬してしまうまで骨抜きにされてしまう。
こういう未来が来てもおかしくないなと思ってしまうのは、ここ最近家で喋る相手がいなくて寂しい感情があるからなのか、、
これからの未来は今以上に孤独な世界になっていく気がしてて、こういう疑似恋愛ツールとか意外と需要出てきたりするんじゃないかと思ったり。

ありきたりな恋愛映画で人間が「愛に理由はいらない。感情に従う。ありのままの自分を愛してもらいたい」っていうのと、それをAIに言わせるのとでは趣が違ってくるよね。
ありえないシチュエーションだからこそ、言えるセリフや、恋愛の本質を突くような描写ができるんだろうなー。

Jokerのホアキンフェニックスが主人公役だけど、相変わらず同じ人間に見えない、、
こんな世界も少しばかりか美しいと思えた自分に対して中々できたやつじゃんと自分で褒めてやったよ と思ったけど 違うよこの映画がすごいけど確実にこういう世界は近づいているよね
りさ

りさの感想・評価

3.7
自分にとってのサマンサを選べるとしたら、誰の声で喋ってもらおう。
なんて妄想で悩める映画。

暗かったセオドアがサマンサと出会い、どんどん幸せそうに変わっていくところ。
恋のワクワク感に満ちていて好き。

私のサマンサ、安住紳一郎の声にしようかなと、自分でも意外な決着。

このレビューはネタバレを含みます

恋は社会的に受容された狂気

たしかに!!!
人工知能って言葉が憎い。人が作ったけど、人に作られたものではない。でも、みんな人に影響されて自分が作られていく。

成長させたのは人だし、愛を教えたのも人。

あーーー遠くへ行ってしまった。
ばと

ばとの感想・評価

3.2
AIに恋しちゃう
官能的な描写は綺麗で雰囲気は好きだし、未来には起こりうるのかも知れないけど、なんというかクレイジーだった。
感情移入はしなかった。
めり

めりの感想・評価

2.5
林原めぐみさんファンは吹替えで観たほうがイイです。
うんこ

うんこの感想・評価

2.9
誰にも感情移入できなかったためなのか終始退屈だった。
真っ暗な画面で擬似セックスする演出はロマンチックで好き。
ひなこ

ひなこの感想・評価

4.2
あーーー美しい美しすぎる。ヨハンソン!!!たまらなく美しいです

めちゃくちゃ色々考えた映画やった。でもどれも美しかった😭
>|