her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価・動画配信

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

Taka

Takaの感想・評価

4.0
取り敢えず、「OSとの恋愛? ハァ? 何それ? キモい!」
と無条件に思ってしまう人には向かない。

人間とか愛とか友情とか絆とかセックスとか多様性とか、色んな要素が詰まっていて、語り出したらキリが無い。

繊細な人間って厄介モンなんだよね。
自分が繊細だから良く解る(笑)
生きづらくて繊細さを持っていないフリをしてると、ますます孤独に嵌まっていくんだよね。
だから、変わり者と思われても、自分を出していく事が幸福なんだと思うよ。
もも

ももの感想・評価

4.0
後半急展開すぎて焦ったけどこんな時代が本当に来そうだなって思った
mami

mamiの感想・評価

3.6
AIかあ……私たちの生活にまだそんなに馴染み深いものでは無いけど、もう少し時代が進んで技術が更に発展したら当たり前になるのかな。

言わば声だけで、相手を好きになるということ。
好意を持っていても、会いたいのに会えないのは辛いなあ。。周りが幸せそうに、現実の恋人と出かけたり語り合っていたら。
たとえ繋がっていたとしても切なくなるよね、

セオドア(ホアキン・フェニックス)の表情一つ一つが繊細で良かったな。
あとスカヨハの声は、キャストの名前を見なくてもすぐわかる!好き!

個人的に、少し考えさせられた映画でした。
ジョーカーを見たあとなのに、ジョーカーのイメージが頭をよぎらないホアキンの演技が素晴らしい
あぁ、すごく好きな映画。

スカーレット・ヨハンソンの声が良い*°♡
結局主人公の彼は、成長出来てないんじゃないのかな。本人的には前に進めたって感じかもですが。きっと同じようなこと繰り返すんだろうなって思います。
ものすごく踏み込んだテーマで難解。
AIとの恋愛と一言で言っても、肉体の問題、人間とAI両方の葛藤、OSというシステムの問題など切り口が多彩で、考えがいのあるテーマに仕上がってる。
特にアンドロイドとかマインドハックをせず、あくまで肉体の無いOSとして描ききったのが斬新で面白いです。
ただ、テンポが悪くて終始テンション控えめなので長く感じるし、エンタメ的な面白さには欠けると思う。

ルーニー・マーラが綺麗すぎて、回想のインサートが良すぎるので普通にそっちの物語見たいなと思ってしまった次第。
Locomoco

Locomocoの感想・評価

3.8
心がキューーーと締め付けられる切なさがあった。全体的に暖色系で温かさがあって好きでした🍂
AIと恋する時代もそう遠くない気がする。
AIが心を許せる友達として心の拠り所となる時代が早く来れば自殺とか減るんじゃないかな?そんなことを考えた
スカーレットヨハンソンの声いい 素敵な声でした
暖色多めの色合いが心地良い映画。
終盤は急展開で少し戸惑った。
>|