やっすん

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語のやっすんのレビュー・感想・評価

4.0
とんでもない内容で結構よかった。「神とか秩序とか要らねえよ!エゴを貫くのが人間だ!」シリーズ。こういう映画大好き。

町山さんがWOWOW映画塾の解説で「近代以前は人間は神の作った人形だった。神の奴隷だった。人形から人間になっていく過程が人類の歴史」と仰っていて参考になった。

ほむらはダークナイトのジョーカー、デビルマンの飛鳥了、時計仕掛けのオレンジのALEXと同一キャラであって、ミルトン失楽園(序盤)の神vs堕天使ルシファーの戦争の話がベースになっている。

あと「永遠の物語」のエンドロール後のシーンの意味がやっとわかった。ということは、そもそも叛逆の物語は当初からセットで作ることを想定してたんだろう。。これはすごいものを見てしまった。