劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.8
まどマギ映画の完全新作。予想外の展開が矢継ぎ早に続き、相変わらず期待を裏切らない。

ほむらを中心にした物語ではあるが、全てはラストのワンカットに一極集中する。あのドン引きする様なラストのお陰でシリーズ全ての余韻が帳消しだ(笑)

何者かの魔女の世界に生きていた まどかやほむら達。
犯人の魔女探しを始め、新キャラ百江なぎさを疑う。
(百江なぎさもカワイイし、魔女化したベベも超可愛い。)
実はキュゥべえが裏で糸を引いていて、ほむら自身が犯人だった。

で、色々あってほむらはまどかを手に入れ、キュゥべえに復讐を果たす。

この悪魔的なほむらの表情。こういう予想外の展開で視聴者を大きく裏切るのも、まどマギという作品の自由度の強さだね。

でも、やっぱりココでシリーズが終わって欲しくはないよな!マギアレコードもあるけど、キチンとしたまどマギ正伝の真の幕引きをやってクレヨン!
良かった
【2020年17本目】
途中から話が難しくなってきた。ほむらちゃんの愛が深すぎる。
アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』(以下、マギレコ)がアニメ化し、ネットでもNetflixなどで配信され始めたので、復習として妻とBlu-rayを観返しました。

今からするとマギレコでの設定(ドッペルとか)は、もうすでに今作には描写されていたんだなぁ、と時間が経って新しい外伝シリーズが出たからこその楽しみもありました。

今作の元々のテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』をリアルタイムで観ていた者としては、マギレコはただただ普通に放送配信されることを祈るばかりです…。


さて、今作の新編はまどマギでの虚淵玄節を完全発揮したと、劇場公開当時もネットでも騒がれていました。そう、まどマギ本編ではどうしても腑に落ちなかった暁美ほむらが物語のメインとして語られます。

そう、まどマギ本編では暁美ほむらが魔法少女になってまで叶えたかった願いが叶えられていない、というまどマギ本編への問い直しが今作。奇跡の代償は支払ったのに、その奇跡が起こっていない、と。初見は今作のオチに強い衝撃と、よくぞやってくれた虚淵玄、ありがとう! と感動したのを未だに覚えています。

あれから何年も経ち…公式的に今作の続編のようなPVが流れたのに(今もYouTubeに転がっているはず…)その続編は未だなく、外伝のアニメ化かい! とは思いながらも、まどマギシリーズの雰囲気が好きで、アプリゲームのマギレコもしてはいたものの、あまり乗り気になれずにいつの間にかログボ勢(ログインボーナスしか貰わない一大勢力!)となり果て…。で、外伝のアニメ化、と。

あー、いつになったらまどマギ本編シリーズの続編が出るのやら…と思いつつも、今は大人しくマギレコのアニメ化を素直に喜んで観ていきたいと思います。



しかし、何回見返してもマミさんのベテラン魔法少女としての実力は、劇場クオリティでないと描写できないよなぁ、と再確認。

巴マミ対暁美ほむら戦はガンアクションとしても一流なので、ガンアクション好きにもかなり観てほしいシーンですね。


ゆえに、まどマギ本編シリーズの続編を…いつか…いつかぁ……!
まる

まるの感想・評価

5.0
あの終わり方がもう一筋縄でいかん感じで驚かされるし好き
まどまぎの続編としてかなりそれらしくて良い
Seven

Sevenの感想・評価

3.8
ハッピーエンド?
規模は違うけど終わりは天気の子に近いかな。
途中の曲がすき。お話も好き
>|