もふもふ3だいじん

もらとりあむタマ子のもふもふ3だいじんのレビュー・感想・評価

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)
3.0
見ました。
どうなんだろう、面白かったのかつまらなかったのかよくわからないってのが感想です。

前々から評判は聞いてたし、自分の中での勝手なイメージがどんどん積み上げられてたけど、イマイチなんて感想を書けば良いのかわかりません(笑)

もらとりあむタマ子。
つまり、体は大人で周りが言ってることも理解できるのに、なりきれない子供のような大人のような微妙な時間を山下監督は描きたかったじゃないかと。


見てる間は、あっちゃんがどうしてもチラついて集中できなかった、気がした。。
そう。
気がした。。


言わずもがななあっちゃんの実績、リアルのあっちゃんの言動なんかが邪魔して映画に集中できずに何度もこの映画を別の人で見てみたい、なんの先入観もなしにこの映画を見たらどう感じるんだろうと考えたけど、見終わって星野源の歌を聴きながら、この映画をそう感じるのもここまで印象的に作り上げたのはやっぱりあっちゃんがいたからこそだと思う。

人に聞かれたときに答える、僕の中での山下監督のイメージは「リンダリンダリンダ」だったけど、次からは「もらとりあむタマ子」の名前もあげようと思いました。