• Filmarksトップ
  • キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロの感想・評価

キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ(2013年製作の映画)

CABIN FEVER: PATIENT ZERO

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:96分
    監督
    カーレ・アンドリュース
    キャスト
    ショーン・アスティン
    カリー・グレアム

    「キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ」に投稿された感想・評価

    感染すると皮膚が腐り落ちていっちゃうパニック/パンデミック系映画なんですが、感染者の動きは何故かそのまんまゾンビ!理性は残ってるから話は出来るはずなのに話を聞いてくれないわからず屋ゾンビ!人間じゃなくゾンビが銃を撃ってくるなんだか新しいゾンビ!

    ゾンビが銃を撃つと反動で腕が吹っ飛んじゃったり、ゾンビ同士が争って体がお互いどんどんバラバラになっていく、などなど思わず笑っちゃうシーンも!

    それほど怖くなく見ることが出来、無茶苦茶過ぎてつい笑ってしまうのは、このシリーズの特徴なのかもしれませんね。タイトルにゼロが付いてる通り、シリーズの前日譚的な作品なんですが、前作までを見てなくても、そして僕のようにうろ覚えであまり覚えてなかったとしても楽しめるかと思います。

    ただ、エッチ、ゾンビ、びっくり、裏切り、血反吐などなどありがちなもの満載なので、B級ホラー映画はもうお腹いっぱいだよ!って人には向かないかも…だらだらーっと観るのには良いです。

    でも、スタッフロール中に逆再生で感染の原因を追っていく演出は面白かった!

    結局なんだったんだろう?
    て感じ
    グロさも雰囲気もいい
    お金かかってる感ある

    1作目を見てないからなんとも言えないけど、ポーターどうした。どうするのこれから。

    新婚さんかわいそ
    キャビン・フィ-バ-三作目は無人島が舞台のグロリンチョ、ペロリンチョが展開されて見応えがありました。

    主人公と弟カップル、親友の4人で無人島に遊びに行きます。そんなにウザくなくて良いキャラたちです。主人公の婚約者が上品で美人な方で僕はちょっと期待しましたが、一緒に島には来ないんですよね。←なんでや無駄遣いやろ~!! こうゆう上品な人たちがグロリンチョになるのが見たいんですよ~こんな下品なやつらのグロリンチョ見てどうすんねん~!!★

    島に着き少し泳いだ後、弟カップルがテント内でイチャつくHシ-ン~彼女のアソコを入念にペロリンチョし→嬉しそうに顔をあげたら口が血だらけになってます。肉片も付着してるリアルさで良かったです。

    スト-リ-も興味深い内容で楽しめましたよ。ちょっと汚ない感じは嫌でしたが…高熱ある時に観てると吐いてるかもでした。★(^^)
    かなり良いんだけどもっとめちゃくちゃやっていいかな
    超絶大傑作。最高のキャットファイトが見れる。巨大ディルドで顔面を破壊する映画はなかなか無い。
    ショーンアスティンが出てたから鑑賞☆
    グロッキーだった記憶…
    思ったよりも楽しめました♪
    総合的にはレベルの低い作品だけど、所々に良い所があった
    感染女どうしの闘いは何故か良かった。
    あと、何よりいい所は、エンディングでの結末の見せ方だ
    三作目と知らずにシリーズ初視聴。
    体?皮膚?が溶けていく感染症に罹ってガンガン死んでいく話。
    皮膚病とか言っている割には色々千切れたり骨まで脆くなってる様子。
    当然の如くヤクとセックスは出てきます。

    画面が暗くて見辛いとはいえ皮膚がべろべろ剥がれていく様は、そこら辺のグロ映画よりも中々グロくて痛々しいので、耐性が無い人には絶対おすすめできません。

    評価を見ていると、キャビンフィーバーらしさがないというのをちょこちょこ見かけますが
    逆に前作などを未視聴だったため予備知識なしに単体としてそこそこ楽しめたと思います。
    エンディングの部分が一番楽しめました。

    登場人物の女性は基本的に美人が多いです。
    ドロドロ女のバトルが見もの
    トドメに使われるのが、アレってのも笑えます。

    この手の話は、お間抜けキャラやギャグが、いかに程よくミックスされてるかですから

    製作時には、キャストやスタッフ一同が大喜びしてやってるんだろうな
    >|