はま

インターステラーのはまのレビュー・感想・評価

インターステラー(2014年製作の映画)
3.8

難しかった……!(涙)いまいちピンとこないまま観ていて、結局どこに感情を持って行けば良いのか分からないまま終わってしまいました。

この映画の話を他のスタッフとしたら「こんな面白い映画他にないじゃん!」「ハマらなかったのは男と女の違いだ!」と言われました。……そうなの?笑

確かにこの作品を観て気づいたのは、私は宇宙自体にはそんなに魅力を感じないということ。未知へのワクワクドキドキよりも恐怖心と孤独感が強くて、見ているだけでその息苦しさに押し潰されそうになりました(笑)

唯一救いだったのは、この作品を見る前に「博士と彼女のセオリー」を観て「時間」というものについてほんのちょっぴりお勉強できていたこと。そうでもなかったらもっと分からなかった……(笑)

でもそういった「時間」や「重力」を、本作が今までにない新しい形で見せてくれたのは事実。既視感のないストーリーは全く予測がつかず、その長さを感じさせない映画でした。

私がもう少し大人になって、この映画の素晴らしさがわかる時が来るのを願います。