おおたくん

インターステラーのおおたくんのネタバレレビュー・内容・結末

インターステラー(2014年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

ブルーレイで2度目の鑑賞

2度目でもわからないところが少しあった。

途中アンハサウェイにいらいらしながらも最終的には気持ちのいい終わり方で、終始完成度の高いSF映画のトップやと思う!

物語の中で重要なのは「重力だけが3次元と高次元の間を行き来できる」ということ。これさえ掴めれば大抵すっきりわかるんだけど、特異点の概念がちょっとわかんなかった。

あとワームホールに入ってるときのマシューマコノヒーの表情最高!2001年宇宙の旅ほどのアヘ顔じゃなかったけど(笑)

宇宙をさまよう映画は、こういうワームホールに入ってる時のような鬼気迫る激しいシーンと、宇宙の中に1人放り出されたかのような静寂したシーンにワクワクするね。

特典映像見たさにいつかブルーレイ買っちゃいそう!