もことこ

インターステラーのもことこのレビュー・感想・評価

インターステラー(2014年製作の映画)
4.5
舞台は近未来。
食糧難と異常気象により滅亡の危機に晒される地球。その打開策として元宇宙飛行士クーパーは、居住可能な第2の地球を捜すミッションに抜擢される。そして彼は強く反対する娘のマーフと和解できぬまま、宇宙へ旅立つことになる。残した家族への帰還を選ぶのか、人類滅亡を回避するために任務を果たすのか。

専門用語があまた登場するが、それは宇宙空間をより実体感のあるものにするためであって、わからなくても実際には問題ない。ストーリーの裏付けの科学には少々でたらめなところもあるし、宇宙科学の新たな可能性を押し広げていると思うととてもロマンがある。

監督のクリストファー・ノーランは科学的根拠を追究するだけでなく、演技としてのリアリティにもこだわっている。出来るだけCGには頼らず、複数の撮影方法を組み合わせることで宇宙飛行の無重力さを錯覚させる。

しかも難解な用語や巧妙な映像を取っ払うと、そこには純粋な親子の愛情の物語がある。宇宙というあまりにも壮大なスケールで鑑賞者を引き離すかと思いきや、親子愛に帰着させることで逆に鑑賞者をぐっと引き込むので圧巻だ。

インターステラー(Intersteller)の元の意味は「星と星の間、惑星間」。何百万光年の惑星間の距離を繋げるのは宇宙飛行でもなければ、知られざる5次元の世界でもない、家族愛なのだ。SFが好きな人はもちろん、苦手な人でも3時間があっという間に感じられると思う。