Souma

インターステラーのSoumaのレビュー・感想・評価

インターステラー(2014年製作の映画)
4.0
『私の幽霊…』
”You are my ghost…”

先日の「MEMENTO」に続いてノーラン作品。
これで観たかったノーラン作品は全部完走。
やったぜ!!

もちろん、かなり楽しみにしていたので前情報なしで。

序盤だけなら
これ大丈夫かなと心配になるほど
世界観の説明を必死に詰め込み
解説に物理法則の上辺をなぞるだけの
ぶっちゃけとても退屈な作品だった。

しかしながら
宇宙に出てからが本当に素晴らしく
目が離せなくなるほど引き込まれた。
これだからノーラン作品はたまらない。
映像は言うまでもなく美しく
物語もだんだんわかってくる真実は衝撃の連続。
そして、終盤に明かされる序盤の伏線。
前言撤回、すみませんでした。
序盤が退屈だとか言って。笑
鳥肌モンやった。

マシュー・マコノヒーの熱演も素晴らしかったし
マット・デイモンもかなり印象的。

ただ、個人的に
ラストの展開はあまり合わなかったな。
あの展開で、ここまでのハッピーエンドは求めていない。
HappyとSadのバランスがいまいち。

設定の粗さなども目につくところがあったりして
個人的には「INCEPTION」のが好きかな。


この映画のテーマは、マーフィーの法則だと考える。
トーストと絨毯の例えは有名だよね。
物語の中心は、実はジョセフではない点がポイントであり
この法則のように考えられる起こり得ることを存分に活用して
人類の可能性っていうものを描いてんのではないかと感じた。
アメリカでは
"If it can happen, it will happen."
「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。」
日本では
"If anything can go wrong, it will."
「失敗する可能性のあるものは、失敗する。」
アメリカのほうがポジティブで好きだな。

終わってみれば、170分があっという間の作品だった。


*MEMO*
マーフが重力の方程式を解いたときに発した言葉
「ユリイカ!」は、アルキメデスが浮力を見つけたときに発した言葉といわれている言葉なのね!
今回マーフは重力の方程式を解いたわけだし
物理的な新発見をしたときなどに使うのは、非常にセンスあると思う。
こういう小ネタが自分でもわかるようになりたい。