インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

DVD
超ガチでハードなSF。吐き気を催すほどSF(良い意味)。途中でオチが読めてしまったのが残念だったけど、映像演出が良かった◎
ヒューマンドラマとか全部、SF要素の土台がしっかりしてるから上手く生きてるんだと思う。SFイェーイ
Mei

Meiの感想・評価

4.3
名作

最初はテンポ悪くて本当大丈夫かなって思ってましたが後からの伏線大回収でもう引き込まれる引き込まれる

正直、序盤でなんとなくストーリーの内容は想像できてしまったのですか、最後のメッセージには泣けました

最初の長く感じた時間すら全てに意味があって鳥肌立ちました
そして全てがわかった時に心が締め付けられて、でも暖かい気持ちになった

映像も綺麗だし、音楽だけではなく、劇中の細かい音の入れ方も最高に良い

こんな映画観たことないって感覚がすごくて兎に角もう一度観たい…
と思いDVDまで買いました

まだ観れていませんが時間を気にしない時にじっくり、もう一度観ます

全ては愛なんです
b

bの感想・評価

4.9
まだ映画にさほどハマってない時に父親が借りてきて無重力の画面に酔った私を思い出した
今では主役級のティモシーシャラメがちょっとしか出てないし、唯一の悪キャラを演じたマットデイモンも全く知らなかった
たくさん彼の作品を観た後だと正義感を貫く役が多かったせいで、こういう人間の欲深さに負けてしまう役は割と珍しく違和感を感じた
けど、周りがいい人ばかりなせいか圧倒的に人間味のある存在感を短い間で出せていて、さすが私のマットデイモン(私のではない)

クリストファーノーランの物理的に起こりうるリアルさと未知のSFを混ぜてめいいっぱい情報を詰めるとこが私を惹かれさせる好きなところ
宇宙ものでパッと思いつくゼログラビティやオデッセイは孤独や死と隣り合わせになりながらも奮闘する主人公の姿が大きすぎて、それ以上の魅力を感じなかったから
時を超えた親子愛とか他の学者の重なる心理状況とかハートフルな部分と上手く合わせて感動させるとこがさすがだよな

トワイライトに出てたマッケンジーフォイもかなり印象的で、父親を想うあまり和解せずに送り出してしまう本心を出せなかった娘の姿を完璧に演じてて、これは将来活躍しそう
makio

makioの感想・評価

3.9
表沙汰にならないだけで実際にこんな出来事が起きてそう
i71113

i71113の感想・評価

4.5
祝500レビューなので超大作を。

壮大な宇宙空間の中で描く
計り知れない力をもつ"家族愛"の話。
五次元空間、重力、ラザロ計画、
ガルガンチュア、TARS
父と娘をつなぐ腕時計。ユリイカ!!
"トントンツートン トンツートントン"


クリストファーノーランは
時空を超えた近未来な設定も
こうも違和感なく具現化してしまう。
水の惑星はCGではなく
アイスランドで撮影する徹底ぶり。
"過去を変えるために
呼ばれたのではない。"
kento

kentoの感想・評価

4.0
王道だけど専門用語多すぎて一度では理解出来なかった
王道SF映画
シナリオがすごくきれいにまとまってる
宇宙の美と恐怖をいい感じに映像化してた
>|