インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.0
面白い。宇宙とか好きだから楽しんで観れた

展開は意外と読めちゃうのと、169分は流石に長いんだけど、それでも面白いのには違いない。

外人ってかっこいい
さおり

さおりの感想・評価

3.9
ノーランの作品で宇宙が舞台らしいということ以外情報なしで観た。正直長い映画は苦手だし科学的なことに関しては半分も理解できてないと思うが、後半になってもこのままもっと観ていたいと思う映画だった。そんな作品意外とないからすごい。宇宙の映像は言葉を飲むすばらしさ、月並な感想だけどやはりスクリーンで観たかった。登場人物たちが穏やかに小さい声で会話するのが心地良かったのと、効果的な音楽の使い方と宇宙の無音が印象的。また観たい。
Lina

Linaの感想・評価

4.5
映画館で見てみたかった。。壮大で、見たことない世界。TVに繋いで暗い部屋で見るとより世界観を楽しめる💯👌
#重力 #宇宙
#モールス信号 #相対性理論 #愛
Taul

Taulの感想・評価

5.0
時空を超える壮絶な旅。ノーランの愛すべき中二宇宙が大爆発。ジェシカ・チャステインがハンドルを左に切ってからは、全てが昂ぶりに満ち、もう神懸かった面白さだ。

ノーラン&エマ・トーマス夫妻と共に製作に名を連ねてるのはリンダ・オブスト。名作『コンタクト』の製作総指揮で、成る程よく似ている訳だ。彼女は『めぐり逢えたら』、『フィッシャー・キング』なども製作していて、距離や境遇を超えるロマンを描く作品が好きなようだ。

『インターステラー』は劇中の詩のように、CGで作った映画がスマホで見られる時代に「終わりゆく」劇場フィルム映画の「憤怒」なのかも知れない。ロケとアナログ中心の撮り方、IMAXで映える映像、大風呂敷を広げた話、長い上映時間、過度な音響、オマージュだらけ...「怒れ、怒れ!」
タケシ

タケシの感想・評価

3.8
すごい。

鳥肌がたった。。

最初は話が難しくて疑問が多かったけど、
途中から少しずつ謎を解けてきて、、
泣きそうになってきた。

もう一度繰り返して観たくなるね。
長いけど(笑)

宇宙の世界観、うまく表現できるところ、
すごい。。

あと、マットディモンが
出てくるのはビックリw
「愛は時空を超える」とこの作品を見る前に聞いたら,私はきっと軽視していたかもしれない.しかし,この作品を見終わった後にその言葉を聞いたらなんて重い言葉なんだと感じ方がガラッと変えてしまうほど影響を受けた.やっぱSFって素晴らしい.
YOSHIAKI

YOSHIAKIの感想・評価

4.8
愛と宇宙 相対性理論
難しいけど素晴らしかった
もっと宇宙を知りたくなっちまう
kiwiblack

kiwiblackの感想・評価

4.3
愛と宇宙 インターステラー
ドツボにはまるようなもの 終わりゆく日に
次元や時間すべて 天才
あのときのあれはこういうことだったのか!感!!!
意味がわからない言葉がいっぱいでてきてもしっかり細かく観ておくと最後に感動が待っている!!
>|