インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

今まで見たSF映画で一番面白かったかも!本編が160分と少し長いですが、全然見る価値あり!!
ましー

ましーの感想・評価

3.1
見たい見たいと思いつつ、長いから避けてた作品 笑

けっこうハラハラするシーンも多く、ラストは何処に着地するのかドキドキ。伏線もキレイに回収されておもしろかった!

やっぱり愛は大事なんだね
ShigenKubo

ShigenKuboの感想・評価

3.9
クリストファー・ノーランの作品は頭を使うから、見終わったあとのぐったり感がある。それがいい。

SF好きにとってもかなり満足できる非日常感もありながら親子の愛という身近なものまであって、そうとうな迫力、印象を残す映画だった!

このレビューはネタバレを含みます

壮大な空想物語。と言ってもオカルト的な臭いは殆ど無く、むしろ近い将来、人類滅亡を避けるために起こりうる事実かもしれない。
クリストファー•ノーラン監督の天才ぶりが遺憾なく発揮されている。
農場のノスタルジックな場面と宇宙空間や飛行線内のテクノ的な場面、ひとつの映画でそのまるで真逆の場面を効果的に組み合わせるのは普通考えつかない。
重力の差による時間のずれを場面によって生じさせることで映画に躍動感が生まれている。

ブランド教授が宇宙飛行士旅立ちにあたり彼らに贈った言葉が未来への指針に感じる。
“穏やかな夜に身を任せるな
老いても 怒りを燃やせ
終わりゆく日に
怒れ 怒れ 消えゆく光に
死の淵で賢人は闇が正しいと知る
彼らの言葉は稲妻を裂けなかった
穏やかな夜に身を任せるな
怒れ 怒れ 消えゆく光に”

(以下ネタバレ。結構はしょってる)
人類が生き延びるために、移住可能な星を探す探査機に乗り込んだ4名。
計画発案者のブランド教授にはプランAとBがあり、Aは宇宙ステーションを打ち上げ移住すること、Bは人類が生存可能な星に受精卵を持ち込み、後に代理出産で人口を増やすこと。
しかし、ブランド教授はAは不可能なことを知っていたが、人々のパニックを招くと考え嘘をついていた。
ブランド教授の方程式、相対性理論と量子力学の融合には不足があったのだ。
Aを実現するためには、その不足を埋めるブラックホールの量子データが必要だった。
旅の途中でプランAが不可能であると知った宇宙飛行士クーパーたちだが、さまざまな犠牲を払いつつも、そのデータを得るためブラックホールに飛び込む。
そこは5次元世界(縦、横、高さ、時間、パラレルワールド)であり、そこでクーパーは時空を超えて娘に腕時計の秒針の動きを介して量子データを伝える。ちなみに、クーパーが娘に渡した腕時計が、愛を数値化した形だそうだ。
たろす

たろすの感想・評価

3.9
壮大なスケールで満足度高め。さすが評判通り。
ただ要所要所でもう少し深く心理描写して欲しかったシーンがいくつかあったかなぁ。

あと、ラストシーンはご想像にお任せしますっていう事なのかもしれないけど疑問が沢山浮かびすぎて!!

面白いし満足だけど少し消化不良かな。
スケールが大きくて、すごい!の一言に尽きる映画。SF作品を見慣れていないと意味がわからないと言われている。たしかによくわからないところもあったが、それでも楽しめた。後で色々調べてまた見たい。
なんじゃこりゃ!
○○次元ってよくSFで出てくるけど、
これは驚いた。
次元…次元…次元…
次元っ越えたら… 胸が熱くなるんですか?
愛って…やっぱ凄いんやね
naoya

naoyaの感想・評価

4.0
少し難しいけど、めちゃくちゃ面白かった
七号

七号の感想・評価

4.5
めちゃくちゃに泣いた作品
ふっけ

ふっけの感想・評価

4.0
物理むずかち

ロボ大活躍で可愛い🤖
>|