インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

4.5
見よう見ようと思って、ちょうど本日のAmazon Primeビデオの100円セールでレンタルして見れた。

当時CMをやっているときは、親子愛やSFを推した宣伝が多くよくある感じだよなぁと思って軽く見ていたが、実際見てみたら予想以上に良い作品だった。映画観で見るべきだったと久々に後悔した作品だ。

2:40分ぐらいある長編映画だが、その長さよりストーリーに深みをあたえて、それが後半の伏線回収にかなり効いてくる。SF的な概念の言葉とか考えが時々登場して難しかったりするが、見終わった後は終始親子愛の映画だったとわかるだろう。

またサイドストーリー的な、アン・ハサウェイのその後も気になるので、続編とかでたらそこらへんを描いてほしいなと思った。
孤独と愛が極限状態の人間を突き動かす。人間という生物は結局誰かとの関係を確認できなければ生きていけない。人間とはよく言い表したもので英語で逐語訳するとInter-humanとかになるのかな。
長さを感じさせない良い映画でした。
おりな

おりなの感想・評価

5.0
クリストファー・ノーラン監督によるSF超大作。何回も見て初めて自分の中に落とし込む事ができる作品なんだと思う。

砂嵐や植物の枯渇。そんな人類滅亡の危機に、元宇宙飛行士だけど今はトウモロコシ農家のクーパーが「居住可能な新たな惑星を探す」ミッションを受ける。娘マーフィーらを地球に残し、人類を救う為アメリア博士達とワームホールを通り抜けて、未知の銀河系へと旅立つ。

死を覚悟して旅に出たはずの一行だが、地球に残された人達を思い、人類の未来を思い、時間のズレや不安の中で自分自身の孤独を思い知る。人は正直になり切れないし、正直さは時に残酷な事をストーリーを通して人もロボットも度々提示してくる。

ラザロ計画には2つのプランが存在する。

プランAは、人類が他の惑星に移住するプラン。宇宙ステーションを打ち上げる為に重力をコントロールするための方程式を見つけなければならない。

プランBは、方程式が解けなかった時に人類より種を優先するプラン。移住先の惑星で新しい人類を生み出す計画。

地球から送られてくるメッセージと映像だけは、正直に地球の真実を伝える。

重力と同じように愛も時空を超えられる。それを時計が示した🕰
部屋を真っ暗にしてみた甲斐がありました。音のない暗闇に浮かぶ星々は異様な美しさでした。

絶望への抵抗と救いの願い。
GO

GOの感想・評価

4.0
面白さ6
泣ける7
感動度8
世界観10
結末の意外性9
2度目。1回目は難しかった
フェミ

フェミの感想・評価

5.0
恥ずかしながら今更見た。500億点
5次元図書館のとこからひたすら鳥肌やばかった
ストーリーもセリフも全部繋がっててすごいとしか言えない
mommy

mommyの感想・評価

3.5
ちょい長め。
マシューマコノヒーやっぱり好き😍

ちょ。
マット・デイモン꒰笑꒱


ビデオメッセージは辛い( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )


そして
そうつながるのかぁ。
>|