インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

牧歌的でシリアスで人間臭くて冷淡で不思議で計算高いSF
Marple

Marpleの感想・評価

4.0
SF映画ってあまり得意じゃないんだけど、

この作品は、SF要素はもちろんのこと
家族愛だったり色んなことが
素敵に盛り込まれていて、
観ていてハラハラもしたり
涙したり感情の起伏が激しくなりました。

是非一度観て欲しい作品です!
おみゆ

おみゆの感想・評価

3.5
「超重量」とか、宇宙理論が重厚な作品。
ヒューマンドラマとしても見応えあるが、下ごしらえして準備万端で観ると深く味わえそうです。
圧巻。卓越。巧妙。迫真。神秘。美観。壮大。大望。我儘。虚偽。生命。伏線。愛。

といった単語が思い浮かぶ。

「愛は人間が発明したものじゃない。愛は観察可能な力よ。何か意味がある。」

「起こり得ることは起こる」

個々の想いと重力の重いが交差しながら、人類を危機から救うべく宇宙へ希望を馳せる。

相対性理論を映像化し、宇宙の異次元性を臨場感のある映像と音で、よく表現されていると思いました。

終始、心躍らされていました。
伏線回収も素晴らしかったです。

「人類は地球で生まれた。だからといって、地球で死ぬ必要はない」
幽霊っていないんだね〜
愛なんだよなあ
理屈確立よりも愛


伏線回収が気持ちいい
そして面白い!

墜落のトラウマあったぽいのに
飲み込みの早さよ
miso

misoの感想・評価

-
TENETからのインターステラー。これはTENETに比べたらまだ理解できた。
実際に現在改名されている宇宙のことなども絡められていてすごく考えさせられた。
ストーリー的には土壇場になった時に自分のことしか考えない人間の嫌なところ、私利私欲に塗れる心の描写も辛かったけど、最終的には信じる心、愛が世界を救うのよってゆうオチ。描いているものは単純明快だけどスケールがドでかド派手だしなんせ3時間くらいの映画って普通に超大作すぎた…。
でも全然途中で飽きなかったししんどくもならなかった。凄まじい…。

まだやるべき事が残されてるお父さん、娘のためにも頑張れ…!
666

666の感想・評価

3.5
んん?
観終わった今でも鼓動の高鳴りが止まらない。
食い入るように映画を観たのは久しぶりな気がする。
この映画はまじでやばい。
スターウォーズと同じくらい小さい子に見せるのは危険。
絶対に宇宙飛行士か物理学者、量子力学の道を目指しちゃうから。
>|