インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

5.0
いままで観てきた映画作品のなかでプレイスビヨンドザパインズと同率で1番好きな作品。
劇場公開当時映画にあまり興味のなかった僕は今でも謎ですが、何故か映画館で鑑賞。
5.5回泣きました。泣きすぎて周りの人に怒られたぐらい泣きました。
今年10回目ぐらいです。この作品を観るのは
それぐらい大好きであり、映画の面白さと夢と未来を教えてくれた映画です。
大好きすぎて、マイケルケインのあの詩を覚えてしまいました。

ストーリーは地球が砂だらけになり、食料も無くなった世界である1つの家族に焦点をあてた作品。優秀だった元宇宙飛行士のクーパーがある日、自分の娘のマーフィーの部屋で幽霊的非科学的存在な力を感じる。それは地図になっていた。
そして、その場所に行くことになるが地球が滅びることを知らされる。クーパーは愛する家族を置き、家族を守るため宇宙に人間の住める場所を探しに行くが…。

監督は超賢い某名門大学卒業でダークナイトシリーズを作った天才クリストファーノーラン。
脚本は、クリストファーノーランと弟のジョナサンノーラン。
主演オスカー俳優マシューマコノヒー。
脇を固めるは、オスカー俳優のアンハサウェイや今年のアカデミー賞レースを騒がせているケイシーアフレック、ジェスカチャスティン、ノーラン作品に欠かせないマイケルケインらといった豪華実力派俳優達です。さらにもう1人いるけど内緒です。

まず、このレビューは再再レビューになります。
この作品を2回目DVDを購入して観たときは7回泣きました。始まる前に1回泣いちゃいました。それぐらい好きです。
ここまで好きな理由が人間が考えられない次元の脚本を元に作られているということ。実際にこの物語は現実でもあるようです。専門家達との長い話し合いの末にやっと作られた作品。
そんな僕らには到底思いつくことも考えられない宇宙を3時間にまとめこんなに宇宙を身近なもののように感じさせてくれた。人とはなんなのか?愛とはなんなのか?全ての答えであり、人間という生き物をデカすぎるスケールで描いており、まるで我々が生きている次元とは違った五次元の世界をノーランという1人の天才が形にしたものだと思う。
そこにストーリーを付け加えることにより最終形態の芸術を生み出した。
人は大抵、空や宇宙に憧れる。しかし、叶わぬ夢であることも気づかされる。この映画はそんな無理だと決めつけている我々に希望と勇気と絶望を与えてくれる。そこから我々のまた新たな考え方を育んでくれる。
映画の中でこの作品は説明しすぎてない部分と説明しすぎな部分がある。しかし、それがまったくわからなくなっている。カメラワークを気にして観ようとしてもいつのまにか忘れてこの世界にハマっている。
世界一の俳優たちの演技が素晴らしく、全てがリアルでありまるでその世界にいるかのような錯覚を起こさせてくれる。そして、その名優たちの演技を観ている我々にさらに感情移入させてくれるのが素晴らしい音楽たちである。
この文句なしの全てが揃ったそんな作品だと断言できよう。
毎回見終わるごとに僕は震える。
この作品は映画界のトップだと僕は確信している。インターステラー、宇宙の旅。人々の考えがちっぽけなものでありながら愛の尊大さと偉大さを感じさせられる作品である。
大好きな作品です。
まだご覧になったことのない方には自信をもってお薦めいたします。
えひ

えひの感想・評価

4.6
物語:0.8
演技:1
音楽:0.8
映像:1
美術:1
sai

saiの感想・評価

4.5
“ここの1時間は地球の7年だ”

実は、クリストファー・ノーラン作品に挑戦するのをずっと躊躇していた。というのも、彼の作品は殆どが2時間超えであり、本作に至っては3時間近い。おちゃらけたコメディ映画ならまだしも、彼の扱うテーマはそう単純ではないし、それなりの心構えが必要であると感じていた。

総評としては、評判通り非常に面白かった。2時間50分、よくも悪くも淡々と話は進む。しかし飽きさせないストーリー展開と見事な伏線回収には驚かされた。3時間あっという間だったとは言わないが、SF映画の最高峰と評されても納得できる一作だろう。
nyamumoko

nyamumokoの感想・評価

4.2
実は私にとってのファースト・ノーラン作品…!(正確にいうとメメント見たことあるけど)
いやー、当時、衝撃過ぎて映画館に二回見に行きました、久々に。
マコノヒーがとても良いっ!
家族愛に震えました。
ビックリすることがたくさんあって本当に楽しめた。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
ちょくちょく話についていけない所があったが、引き込まれる映画だった。

映画の中で相対性理論や事象の特異点等普段使わないような言葉がたくさんでてくるため ??? となることが結構あった。

それを踏まえても世界観や人間ドラマなど引き込まれるものがあり楽しめた。
SFなんだけど、現実的で
不思議なんだけどリアルで
宇宙という壮大な話なんだけど家族という身近な話でもあって。。。

難しくも見えるけど見てるとワクワクが止まらなくて
とにかく長かったけど面白すぎてもっと長くてもいいくらいだった(流石に前後編とかにして欲しいけど)

ねえ、5次元ってなぁに??

もう一回見たい。
yunayuna

yunayunaの感想・評価

4.5
映画のお供にはいつも珈琲派なのに、気まぐれに紅茶を選んだせいなのかなんなのか、トイレに立とうかどうか迷った瞬間が途中にあったんだけど、最早そんな迷ったことすら忘れるくらいに途中からこの世界にぐいぐい惹きこまれ、圧倒され、息をつめただ見入ってた。
マーフとクーパーが出てくるたびにハンカチ濡らしながら。

169分間あっという間だった。
鑑賞後しばらく放心というか、上の空すぎて持って行った膝掛け忘れてきちゃったよ(どんだけ)
しかも無意識にへんな力入ってたのか席立った後、膝ががくがくしてるし。

兎にも角にも、この映画の良かった点は数々あるけれども、5次元世界を映像で、しかもスクリーンで観れたのは感激した。
決して体験できないことを疑似体験できる、まさに映画の醍醐味だなぁって。

できるならもう1回、映画館に見に行きたいなー。ほんっっと良かった!!!
satoshiokd

satoshiokdの感想・評価

3.0
【時空を超越した親子の絆】

人類を救うために宇宙に飛び立った者と地球に残された者の絆を描いたヒューマンドラマ。

SF部分は、かなり科学的に現代の研究成果に基づいて検証され描写されてるようなんだけど、SF映画特有のワクワク感がなーんか足りないんだよなぁ。ヒューマンドラマ部分、特にアンハサウェイの「愛を信じたい」ってのにグッと来たんだけどね。
壮大だった
>|