インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

いつも理解するのに苦労する作品が多いクリストファー・ノーラン監督だが、本作はとてもわかりやすい。

SFファンタジー、サスペンス、親子の愛情ドラマなどいろんなエッセンスが盛り込まれた見応えある映画。
幽霊を見ていたマーフが察知していた一連の気配は実は。。。
非常に興味をそそるストーリーで展開していく。

まさかの父子のお見送りが逆転するなんて…💦

アン・ハサウェイにジェシカ・チャステインという豪華女優陣、さらに主役はマシュー・マコノヒー。脇を固めるのはマイケル・ケインやジョン・リスゴーといったいぶし銀たち。
最低のマン博士役として、マット・デイモンまで起用しているが、あんな情けない役柄はもったいない気もするが…
宥故

宥故の感想・評価

5.0
ノーラン特盛、心して見よ。

ノーランの映画は大好きでいつも心揺さぶられるのだが、元々「宇宙もん」が苦手で視聴を避けておりました(理由:閉塞した空間で発生する危機に対する、人間同士のパニックが怖いから)
しかし良い映画であるという薦めと、先日奮発して有機ELテレビを購入し、「ノーランの映画有機ELで見てみたい」という気持ちから視聴。

終わりゆく地球というノスタルジー、人間の生存本能が引き起こす悲劇
、あまりにも美しく、人間には手に負えそうにもない宇宙とノーランが変えたと言われるブラックホールの表現、そしてノーランらしい人と人(今回は機械も)との絆…
何もかもが良くて大感動して産まれたすぐの赤ちゃん見たいに大泣きしてしまった。

アマプラの紹介文に170分って書いているのに見終わったあと気が付いて、
「ひゃくななっじゅっぷん……!!!!」ってなってまた泣いた。
こんな壮大な物語、170分で納めていただき、且つダレずにビールが凍るのも気が付かず集中して見させていただくなんて、ほんと時間泥棒、ノーランすごい、まさに自分自身も相対性理論を体感したのであった…
ノーラン物理大好きだよね、私も学生の時はわからなさすぎて嫌いだったけど、大人になってめちゃくちゃロマンあふれる分野ということに気が付き好きになった(わからないのは変わらない)

ただし感情をめちゃくちゃ揺さぶられるので、できれば心身ともにいきいきはつらつとした若いうちに見ることをおすすめする…絶対今後の人生に影響すると思う…
マジで見てよかった。すごい映画です。
「あ、ビール飲みながらみよや~」と思って冷凍庫で冷やしててすっかり忘れてしまい、半凍りになってしまっていたビール飲みながらしたためました。
coco

cocoの感想・評価

-
父娘愛な映画でよき
記録です〜
もしかしたらノーランの作品の中で一番観てるかも。それぐらい好き。

壮大な親子愛の物語。SF用語とか詳しくないし、5次元空間とか言われてもピンとこやんけど、そんなことわからなくてもいいぐらい人間ドラマがしっかり描写されてて面白い。
マシュー・マコノヒーの演技がとても良い。特に息子とビデオ録画で久しぶりに再会したシーン。あの涙とか表情を演技で出せるのがほんまに凄い。ほんまの家族じゃないし、もしかしたら何も見ずにただカメラで撮られてるだけかもしれへんのに。どうやったらあそこまで気持ちを持っていけるのか。

平気で23年ぐらい無駄にしちゃう展開が出てくるけど、その時間バグってる感じがSFでも好きなところ。最後は娘のマーフに年齢抜かれてるし。あそこのマーフもいいんねんな。親が子供の最後を看取るもんじゃないわなんて。普通の物語やったら悲劇やけど、SFやから感動シーンになってる。

音楽の使い方もいい。緩急があるというか。音を出すところと出さないところをしっかり分けてる。宇宙のシーンでは音がないとか。その辺はキューブリックの「2001年宇宙の旅」を思い出す。両作の違いは機械が最後まで味方やったことかな。今作で敵と言えるのは人間やったし、そこからも今作はSFというよりは人間ドラマに近いなと思う。

映画館でもう一回観たい作品。
みーこ

みーこの感想・評価

3.6
マン博士マジで何考えてんの💢
異常気象により滅亡の危機に貧した人類の新たな居住先を見つけるため、宇宙の新たな星を探しに行く物語。

宇宙に飛び立った主人公と地球に残った家族の思いのすれ違い、たどり着いた星で起こる様々な出来事が丁寧に描かれていた。

最後の伏線回収も非常に良かった。
父の愛は偉大。
>|

あなたにおすすめの記事