インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

ちゅう

ちゅうの感想・評価

4.8
もう圧倒されっぱなしでした。


僕、宇宙論が好きでホーキング博士の本を何冊か読んだり、簡単な相対性理論の本とかも読んだりしてたんですけど、ロジックとしてはわかるとしてもどうしても想像が及ばない部分があって、その一つが4次元よりも上の高次元の世界なんです。

もちろん高次元の世界をそのまま知覚するのは人間には無理。平面しか知覚できない蟻のように。

それを人間がイメージできるところへと上手く落とし込んでいてすごく面白かった。


ストーリーもよくできていて、伏線の回収が鮮やかでしたね。
SFに対しては論理的整合性を無意識のうちに求めてしまうので、出来事全てに意味があるとぐっときてしまう。

あと会話が楽しかった。
ウィットに富んでいて、知的で洒脱で。
セリフに無駄な贅肉がついていないんですよ。
そのおかげで、ちょっとクサくなりそうな"愛"についての会話とか、クーパーの英雄的行為もすんなりと受け入れられる。


ほんと"愛"に対する信頼が高い映画だなって思いました。
いろいろゾッとするところもあるんですけど、観終わった後は心が暖かくなります。


SFってタイムリープもの以外あまり観たことがなかったので、思ってた以上に映像が凄くて圧倒されてしまいした。

物語としてもSFは好みなので、また映画を観る楽しみが増えてしまいました😁
修石原

修石原の感想・評価

4.5
この映画のキモは ノーベル物理学賞受賞博士の監修により 極めて事実に基ずいている事。
それにより ストーリーにリアル感が増し、全て合点がいく。
アームホール 、重力の異常、カルガンチュア(ブラックホール)、等々

加えて 自己犠牲による父と娘の愛情が
強く描かれ、SF色とのバランスが
とれている。

無音の宇宙空間は その美しさと持続する緊張感において 効果的。
前半の伏線が ラストで全て見事に
回収される快感。
●観た第1印象●
圧倒的な映像美と
緊迫感ある音響‥
壮大な宇宙を描いた物語であると同時に
父と娘の絆‥
"愛"に焦点を当てた感動作品という
イメージです😯!!

◎良かった点◎
①CGを極力使わない映像美!!
5次元に落ちる宇宙空間の表現も
宇宙船も
CGを使わずに行っているらしい🤔!!

惑星の撮影も溶けた氷河を上から
撮影して再現したり、
巨大なファンを使って
砂嵐を起こしたり‥‥

リアルを追求する工夫は、
ノーラン作品の見所の1つですね😣!!

②緊張感のある音響🎶!!
テネットでもインセプションでも
同じように一定リズムを取った音響が
泣かれていて、
場面毎にテンポの上げ下げを行い、
この緩急がより緊張感を感じさせてくれる👏✨

心拍数が上がるビートを
刻んでるって印象でした!!

不協和音にも感じれる音響は、
映像美と合わせて雰囲気を
盛り上げてくれました✧\(>o<)ノ✧

③宇宙と愛を繋げたSTORY!!
ここが1番大好きな部分!!

難しい話は置いとくとしても
凄く感動出来る部分で、
愛の力は未知であり、
偉大だなって思えます🤔!!

地球消滅の危機だとしても
愛に救われるのだから
普段から大事にしたい気持ちですよね🤨!!

時間という次元を超えるのが
難しくても、
どんな所に居たとしても
大事な人を思う気持ちは
超えられる!!

素敵なお話です🥰!!

◉まとめ◉
話は難しかったけど、
愛をテーマにしたストーリーに加えて、
圧倒的な映像美、音響も
凄く引き込まれるの作品でした😯!!

初回鑑賞で値落ちした序盤も
今では魅力あるシーンに感じるし、
また観たいリピート意欲も高い作品に感じます💯‼️

こうゆうロマンチックな作品は、
凄く大好きですщ(゜ロ゜щ)

インスタグラム@yoshiki5291で映画レビューもやってますので、良ければそちらでも宜しくお願いします!
山田

山田の感想・評価

4.0
単に宇宙で遭難する話かと思ってた…
面白い

このレビューはネタバレを含みます

IMAXにて鑑賞。
ずっと観たかったこの作品を映画館で、それもIMAXで観られて本当に良かった。
宇宙空間や未知の惑星の映像美、エンジンの轟音と無重力空間での静寂の対比に圧倒された。まるで自分も宇宙旅行をしているかのような迫力ある映像体験だった。4DXでも無いのに、もはやアトラクションに近い…

必ず生きて再会する、とお互いを信じ続けた父娘の親子愛には終始感動させられる。最後、ウラシマ効果によって若い姿のままの父と、高齢になり死の際にいる娘がついに再会を果たすシーンでは涙を堪えられず号泣…3時間にまとめられてはいるが、作中では10歳の女の子がおばあちゃんになるまで、90年以上もの長い年月を経てようやく願いが叶ったのだ。娘マーフの気持ちを思うと、とても胸が苦しく、それでいて喜ばしい…非常に感情が揺さぶられる素晴らしいラストシーンだった。「エモい」ってこういう感情を指すんだな、と…

SFに関しては知識不足のため首をかしげてしまうシーンも多くあったが、しかし知識がない人でも楽しめるエンターテイメント作品として成立しているのがノーラン作品の凄いところ。
SF描写の正確性が気になったため考察サイトを読んでみたところ、理論物理学の権威をコンサルタントに招いているため科学考証はかなり正確とのこと。
SF好きには本格的なハードSF映画として、そうでない人にも純粋な家族愛を描いたヒューマンドラマとして楽しめるのが、根強い人気の一因なのかなと思う。
sa125sa

sa125saの感想・評価

4.4
確かに愛も大切やけど、それよりも何より宇宙の描写と考え込まれたストーリーが美しい。宇宙飛行士になれなかった僕たちを漂流させてくれる。重力と時間の仕掛けが最後に全て繋がる。人間90%正直に生きればいいんだよきっと。
豚肉

豚肉の感想・評価

5.0
ノーラン監督やっぱり凄いわ
頭がおかしい

「テネット」をちょうど1週間前に鑑賞し衝撃を受け、こちらも鑑賞
とんでもない映画でした
約3時間あるのに一切ダレず、ずっと惹き込まれた
「テネット」のような難解さも少なくて、映像でドーン!と魅せてくれてとても良かった

人類の命運をかけた壮大な物語なんですが、一方で家族の物語でもある
しかもこれが両方とも良い味を出していて…
ほとんとの映画って
人類の命運<家族
となりがちなんですが、どちらもしっかりと描いているのがとっても良い!!
話の着地点も「これどうなるんだ?」と思っていたらまさかの完璧なオチだし
「テネット」も「フォロウィング」も見た時思いましたが、ノーラン監督って発想だけではなくて話の作りも上手すぎるんですよ

あ〜〜〜〜〜!!!!
IMAXで見たかった!!!!!!!!
「ブラック・ウィドウ」も延期になったけど、かと言って007公開まで「テネット」一本でIMAXシアターを仕切ることはできなさそうだから…もう一回ノーラン祭りやってもいいのよ?(ニッコリ)
てかやってくれお願いします
ユウ

ユウの感想・評価

5.0
とにかく世界観が壮大すぎる。この映画を撮ったクリストファーノーランはやっぱり天才?奇才?普通の人にはこんなの考えられない。宇宙のリアリティが本当にすごい。4次元とか5次元とか私の頭では理解できないけど、ただのSFものではない親子の絆、家族愛には胸熱。
mii

miiの感想・評価

3.5
もともと天体とか宇宙の話が苦手で途中で挫けそうになった、、、。

数十年間のメッセージで号泣。期待してないのに送ってしまうんやな、てことはずっと待ってるんやんな。父親って偉大、本当にすごいな。

まぁ安定でクリストファー・ノーランに振り回される私。あー時間軸わけわからん、あーわからん😅💦
ツク

ツクの感想・評価

4.0
相対性理論の概要を把握してから見るべき。
ただの理論や法則の話ではなく、ハートフルでエモーションな映画。
>|