インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

個人的に宇宙モノの中ではトップレベルの作品。

実際にある〇〇理論などを映像化してる点が凄い。

四次元空間、特異点、相対性理論、二進法、モールス信号、物理学や宇宙学を映像で見てるというワクワク感(ここは賛否ありますが)

ストーリーの大筋としては『滅びかけの地球に住む人間を救うべく違う惑星へ探検しに行く』というよくある内容ではありますが、この作品の主軸は愛です。
小難しい宇宙物理学を盛り込んでるので難しいと思われがちですが、"家族愛が宇宙の理さえ越える"という点に重きを置けば割とすんなり見やすくなると思います。

〜余談〜
主人公の娘役の子がまあ可愛い。今作の時は多分10歳前後だと思うのですが、さすが外国の子、美人過ぎて父親と寄り添うシーンなのに年の差カップルが寄り添ってるように見えてしまった私はダメな大人だと一瞬現実に戻されてしまいました...
anna

annaの感想・評価

5.0
半年ぶりの映画館解禁はTENETと心に誓っていたのに
この機を逃せば一生の後悔と思いフライング解禁してしまいました
インターステラー日本最大級IMAXにて再鑑賞

そしたら宇宙に連れて行かれて帰ってこれなくなっちゃったわ
もう我が生涯に一片の悔いなし
TENETまだみてないけど

月一でもいいからインターステラーIMAXで上映し続けてほしい
ずっとあの愛と宇宙の空間に包まれていたい
ふうこ

ふうこの感想・評価

4.0
宇宙の知識が皆無なので終盤は置いてきぼりなところも多々あったけど、話がわからなくても映像と音だけで楽しめた!
無音のシーンが息をするのも慎重になるくらい全く音が無くて、宇宙ってこんな感じなのかなと思った。
滑り込みでIMAXで観れて本当によかった〜!
a

aの感想・評価

3.7
映像の迫力と内容の濃さは凄いけど理解にめちゃくちゃ苦戦した

何回観れば完全に理解できるのか、でも最初から最後まで完全に理解出来ればめちゃくちゃ良い作品なはず
ただ私は未熟すぎて理解できなくてちょっと残念だったなあ
もう一回観たい

とりあえずアンハサウェイがめちゃくちゃ可愛いのでそこは見所

このレビューはネタバレを含みます

【デイモン君に目をつぶれば💯 】(難解さは根性でスルー💪💪)

ストーリーも映像も他に類のない完成度。伏線と回収が芸術レベル。
それ以外も滅びかけの地球のシビアさから、未知の世界まで誉めだすととまらない。

ドローンの一件で世界や父の優秀さ&子供愛を表現し切るスマートさもいいし。
最初の星の『山』もいい感じだし。
映画の冒頭のインタビュー、ただ地球のピンチを解説してる老人と思いきや。
このへんの地味〜なドンデン返し?もとてもオシャレでした👏

(科学の話は難解。ブラックホールや5次元(映像で表現できてる時点でスゴイけど)&
『重力の方程式とけたら人類が救われる』らへん。
『そゆものなんですね』でスルーして見ましょう。)

ただ1点、マン博士(デイモン君)の行動からキャストからハテナが多くて、
デイモン出るシーンまるごと蛇足🐍🦵に思えてタマにキズ。
原作とかから肝心な説明シーンをハショりすぎたとかなのかな?
家族愛SF映画
フィルムのザラッとした鮮やかな画面が良かった
概念として知ってるけど見たことない空間(ワームホールなど)や次元をこう描くのかとビビった
クーパーがビデオレターを眺めるシーンが一番悲しかったかもしれない
トムが頑なに家を離れないことにも地味に泣けた
ディラン・トマスの詩の通り、クーパーはどんな時も鋼のメンタルで進み続けていた
幽霊はせやろなって感じだったけど、その先まで読めなかったので素直に驚いた

SFのロボットキャラって率直だけど嫌味がなくて賢くて愛しい
私にもロボジョーク言ってほしい
Derozan

Derozanの感想・評価

4.0
なんとも難しい内容やったけど、途中からはかなり引き込まれた。
映画館で観てたらもっと良かったと思う。
昼休みになるといつもノーランくんが鼻息荒くして話していたんです。ほとんどなに言ってるかわかんないし、みんなゲラゲラ笑っていて、もちろん僕も笑っていました。でもノーランくんだけは大真面目で....
あれから何年か経って僕も大人になりました。で、今思うんです、訳わかんなかったけどなんだか心が沸き立っていたな....って....

てな調子。
ノーランの中で一番好き。もう地球どうにもならん!だったら宇宙行こうぜ!
ただ、やはりノーラン作品は劇場で観ないと魅力激減。デッカイ波とかブラックホールとか。あと長い。故に何回もは観ない。

このレビューはネタバレを含みます

世界滅亡のまえに移住できる星を捜索するNASA
そこに元宇宙飛行士クーパーが参加する
家族をおいて
ちなみに息子はシャラメ!
娘マーフは物理を勉強していてクーパーを誘ったブランド博士のところで働く

目的地は三つの星
どれかに移住できそう
最初の星は生物はおらず海があり
おおきな波にのまれてしまった

「愛は私たちにも感知できる
時間も時空も超える」

とかなんとか言ってるアメリア(アンハサウェイ)は恋人の飛行士エドマンズがいった星に行きたがる
最初の星で命より大切とブラックボックスをとりにいって仲間の命を奪った
無理することでまわりを巻き込む人、ほんとこわい
あれで全員しんだらミッションもなにもないのに
でも後半、彼女のこともすきになれる(途中までなんて勝手なんだ!と思う)

結局二つ目はちがうほうへ

「穏やかな夜に身をまかせるな」
とアメリアの父は亡くなった

アメリアの父はしぬ直前マーフに告白する
彼らが戻っても人類は助からない
宇宙ステーションを打ち上げて移住するプランAは最初からなかった
それを知って絶望するマーフ

二つ目におりたマンがいた星は
生きられるというデータあり
でもマンは嘘をついていた
またうそ!\(^o^)/

実は凍った星は地表はなく
嘘のデータをおくって助けを待っていた

マンともめてすったもんだあり
クーパーはブラックホールへ
ここがもうこわすぎる!
重力で操縦できない
気絶しそうなかんじで
ある場所におちていく
これ映画館で4Dだったらどーよ……

そこは五次元
そこはマーフの本棚の裏
ゴーストは自分だった
そこであらゆる方法でマーフにコンタクト、それを読み取った彼女
人類は助かった

助かったクーパーが病院でめざめる
助かったのすごいな
体は若いまま

土星の軌道に移住した人類
年老いたマーフと再会
親が子どもを看取ったらだめとクーパーを出ていかせる
そしてクーパーはアメリアのいるエドマンズの星へひとりでむかう

ラスト再会のところ泣けた😢
ひとりきりのアメリア、早くクーパーと会えますように
壮大すぎるけど
なんかインセプションよりわかりやすかったかも
でも解説は聞きたいな
Yuma

Yumaの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観る機会を伺っててテネット前夜にやっと観た!
自分の読解力の無さが露呈するけど、シンプルにめっちゃおもしろい!綺麗に伏線回収するし、こんな愛の話だと思ってなかった。こんないろんな感情になる映画なかなか無い!

アメリアが”私達はまだ理解してないだけで、愛には必ず意味がある”的なこといってて、ラストでそれがフックになってたのめっちゃ鳥肌、、

あと何回観れば完全に理解できるのだろうか。
テネット楽しみ。