Kahoko

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌のKahokoのレビュー・感想・評価

4.0

ポーとカイロ・レンが仲良く歌ってるよ!←


話は映画のタイトルになってるルーウィン・デイビスというフォークソング歌手の物語。
この主人公何をやってもうまくいかない。
人の猫を逃がしてしまうし、旅中に連れが逮捕されるは、おまけに妊娠させてしまった女には「二度と人に接触するな!無責任野郎!負け犬!ふぁっきゅー!!」と罵られまくる始末。
(ちなみにこの女の子キャリーマリガンが演じてるのですが、台詞の7割くらいFワードなので彼女のファンの方は是非!笑)

特にこれといって感動はないし、主人公のついてないなーっぷりが半端ないのですが2時間飽きずに見られ上、なぜか可笑しく優しい映画。私自身あまりフォークソングに詳しくないけど、フォークソングに詳しい方だともっと楽しめるのかな?

ちなみにこの映画、『STAR WARS EP7: フォースの覚醒』鑑賞後、見事にポーにダメロンされまして(笑)、オスカー・アイザック出演作を追ってる中でたどり着きました。
ギター片手に煙草ふかしながら歌ってるシーンなんて本当渋くてカッコよかったし歌がうまい!同じくフォースの覚醒でスター街道まっしぐらのアダム・ドライバーとも本作で共演してます。

オスカー・アイザック今まで見たことない俳優さんだなー、でも新人って感じでもないよなーと思ってたのですが、フィルマークスで調べたらゴズリング主演『ドライブ』、ディカプリオ主演『ワールドオブライズ』他、結構見てました。まさか!エキストラ的出演でないの!?って思って見返しましたが、結構重要キャラ。なんたるカメレオン俳優オスカー・アイザック!

スターウォーズを見てオスカーに何かしら覚醒した方必見ですよ。

2016.1.6 自宅