インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながらも、なかなか売れず、音楽で食べていくことをあきらめようかと考えながらも友人たちに助けられながら暮らしていく1週間を綴った物語。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.6
クズの負け犬なミュージシャン。誘いの話があっても 自分を曲げないプライドを持つ。自分の部屋も無い程 金欠なのに。彼の何も起こらず 何も変わらない一週間ほど話。カラーなのにモノクロな雰囲気とレコードを聴きながら まったりしてるような雰囲気が心地よい。プラス 喋らないはずの猫が多くを語る愛らしさ。ドライブとは 全く違うタイプを演じるオスカー・アイザックのカメレオンぷりも最高。
俳優皆良い。
猫も。

ただ話は暗め。
ルーウィンは少し頭悪いなりに頑張ってるんだけど、観ていてあーってなる、、
mihoc

mihocの感想・評価

-
オスカーアイザック歌うま
猫かわいい🐈
豪華
アダムドライバー拝めた
あず

あずの感想・評価

4.2
コーエン作品の中では比較的クセが強くなく、でもしっかりと随所にコーエン節が見られる作品。

脇役が豪華。
yooosham

yoooshamの感想・評価

3.0
最初のシーンから私は「あ、この映画好きだ」と確信した。オスカー・アイザックも好きになる。フォークソングも猫も好きになる。ただ、不幸的である、芸術家には避けようがない失望を描いている。寒色で描かれているからか。ギャレット・ヘドランドはあいも変わらずカッコいいです。猫の役割が素敵。名前、分かって良かったね。最後のシーンも歌なのだが帰ってきたというか取っ払ったのか清々しく聞こえる。何があってもフォークに戻るルーウィンの生き様が見えた。
よー

よーの感想・評価

4.5
2014年7月1日, 20時53分
学校帰り、各階ごとにスクリーンのあるビル型の映画館で、「インサイド・ルーウィン・ディヴィス」を観てきた。
公開からもう一月は経つのかな、中々の空き具合で、またそれがとてもよく似合う映画だった。

家もなく人ン家を転々とする主人公。
フットワークは軽いのに、どんなに動いてみたところで、移動にスケールが伴わない。どん詰まりってこういうことを言うんだね、観ていて少し辛くなった。
映画のなかで、唯一ほんとうに動けているのは猫だけ。それを追ったり、切り離したり、切り離したところで近くにいたり、ほんとそーゆーもんだよなあ。
うまく言えないけど、そんな感じ。

適度に笑えて、ちょっとだけ暗くなる。しかしこのちょっとだけ加減が絶妙で、結果としては気持ちがいい。
珍しくパンフレットを買ったくらいには、すきだなぁと思える映画でした。
余力があればもう一度観たい。&サントラがほしい




ちなみに、観終わったあとのエレベーターで相乗りになったおじさんは、出入口のある1階で降りることなく、そのまま「グランド・ブダペスト・ホテル」の上映階へと昇っていった。
サービスデーを満喫してんなぁ、わたしもこーいう大人になろう。
すき。笑
ericom

ericomの感想・評価

4.5
映画じゃないねこれ最高だった。
重くて、観ててどんどん辛くなる映画だった・・。
音楽は素敵でよいのに、それが更に辛くなる・・。
なによりFワードを連発するキャリーマリガンが美しすぎる
>|