インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

青二歳

青二歳の感想・評価

3.4
コーエン兄弟やっぱりどーかしてる。楽しい。"不運続き"が好きだな。
宗教は表に出てこないが、ユダヤ的な呪術やまじない、預言を匂わすシーンもあり面白い。
彼には信仰がないのか?何が欠けているのか?後半になって、やっと彼が喪失したものが示され、彼が求め足掻いているものが示される。
彼が求めているものはかえらぬ過去でしかなかった。それを悟り、彼は船に向かう。
どうしようもない夢。まともになれない性格。あてどもなく歩き回る日々。彼女に何度クソ野郎と言われたか分からない。だけど、素直に愛している人には、愛してると言えるし、好きなものには忠実に、ただ忠実に突き詰めていける。側から見たらどうしようもない人生。それでもそこら辺の無為な人生よりはよっぽどいい。こういうのも悪くはないよ、案外。
悪くはなかったけど、コーエン兄弟っぽくないし人生の大事な一本にもならなかった
60年代のニューヨークとシカゴを舞台に泣かず飛ばずのフォークシンガーの苦悩の日々を描いている。コーエン兄弟の他の作品と比べると地味。犯罪も殺人もブラックコメディもなにもない。
カフェで歌い、宿を探すシンガー。自殺した相棒マイクのパートを歌われると怒ったり、トリオでハモリを頼まれるも断ったり、マイクの存在が大きいんだろう。
一人でギター一本弾き語りを続けているが、心にマイクがいて、いつも共に歌っているみたい。
カメラワークで凄い好きだったのは、
「猫」だね。いろんな表情の猫の撮り方がたまらなく好き。アングルがイイんだよな、癒される……て、おい‼
車内に置き去りにするなあああ‼
猫好きのオレはブルーな気持ちになった。こりゃアカン。
歌をやめて船乗りになろうとするが、
船員免許を失い再発行する金がない。
これって、あんた歌やめんなよ。続けなよ、ていうことなんだろう。歌うことが運命みたいな。
ごとー

ごとーの感想・評価

2.5
2015/05/24
あんまりコーエン兄弟合わないのかも…でも曲がいいね。こういう感じの好き。
maico

maicoの感想・評価

5.0
映画館で1回見ただけやけど今でもたまにhang me, oh hang me~ って歌ってしまう
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.2
キャリー・マリガンが好きなので観てみました。
登場シーン少なめですが、いつもの役と違ってセリフがグイグイ攻めてくるので、新しい!!

劇中の曲の歌詞が深くていいです。
悟

悟の感想・評価

4.0
体が休まらないので目がいつも虚ろ。
寒さが堪える。
稼いだ金はすぐ消える。

「世の中には二種類に分ける人間と、ダメ人間がいる」
キャリーマリガン腐りすぎてて良かった。

救いようがないけど明日はやってくるんだなあ。
六花

六花の感想・評価

-
良かった
>|