メル

あなたを抱きしめる日までのメルのレビュー・感想・評価

あなたを抱きしめる日まで(2013年製作の映画)
3.9
アイルランドのカトリック教会で実際にあった話。
未婚の女性が妊娠するのは罪であるというカトリックの教えに従い、主人公は教会で労働奉仕をさせられ、産まれた子供はアメリカの裕福な家庭に売られていたが、その事実を50年もの間当事者には勿論、社会にも隠していた。

カトリックの神父や修道士、修道女は生涯未婚でなければいけないらしい。
そうゆう規制がある為なのか、カトリック教会でのスキャンダルを扱った映画は数え切れない程ある。
この映画の中に出てきた冷酷なシスター達も、もし自分の子どもを抱く事があったならあんなに酷い事は出来なかったのではないか。
聖書よりも教会の方が力を持ってしまうとなると、やっぱり人間のやる事ですから色々と問題も起こりますよね。

ジュディ・デンチの瞳の演技が素晴らしいです。
最期の場所として修道院を選んだ息子、母親を赦したのでしょう。

毎度の事ですが、邦題が。。。