のり

ノスタルジアののりのレビュー・感想・評価

ノスタルジア(1983年製作の映画)
2.8
タルコフスキーの作品はどれも難しいらしくて特にこれが1番難解だと言われてる作品で、まさにその通りだった。楽しめはしなかったけど映像の美しさに見入ったシーンもたくさんあってみなさんのスコアの高さに納得。

「1+1=1」。2つが合わさっても大きな1になる。人種だの国境だの考えないで同じ世界に住む同じ人間なんだから全ては同じになる。それがドメニコが言う世界の救済になるってことかなぁとか無い頭振り絞って考えたけどタルコフスキーしか分からんよね( ̄▽ ̄)

忘れたころにまた見て違う感じ方をすると思う。