ベアリー・リーサルの作品情報・感想・評価

「ベアリー・リーサル」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
ヘイリー・スタインフェルド主演の青春コメディ。
せっかく暗殺者養成学校出身という設定にしたのだから、もう少しアクションを見たかった。
若いオバサンっぽいヘイリーに比べて、全然年を取らないジェシカ・アルバが普通じゃない(笑)
django

djangoの感想・評価

4.5
暗殺者の少女が組織を抜け出して高校生生活を楽しむ映画。
暗殺スキルはあっても女子力0からのスタート。
恋や暗殺者の追撃。
ラブコメ学園スパイ映画。

暗殺者という設定の重みは、サミュエル・L・ジャクソンがそれっぽいことを言うだけ。というかなり際どいもの。
サミュエル・L・ジャクソンの偉大さだな。
下手すると、少女達が暗殺者ごっこしているだけの映画になっていた。
『ゲーム・オブ・スローンズ』のサンサが主人公のライバル枠で、主役共々魅力的。
ヤング雌ライオン的な。
まだ本格的なスパイ映画には早い女優が活躍する映画だと感じた。

映画としての軽さ。これをどう評価するかで別れるところ。
戦闘シーンも殺気等はない。
本格的な、シリアスな映画では決してない。
サミュエル・L・ジャクソンだけ、甘口で通常営業。
今日は重い映画はキツいな…。
という時に、この手の映画は最高だろう。
i

iの感想・評価

-
よかった〜!やっぱりスパイものは憧れる
三月

三月の感想・評価

3.4
青春ムービーとして素敵だったと思う。アクションもまぁまぁいい感じ。サミュエルLジャクソンとちびっこ達がほのぼの可愛い。
命を狙われるとか狙われないとかの話で、「でも高校生活を生き延びたじゃない」っていう台詞が最高。そうだよ。学生生活はサバイバルだよね。
🔶

一人前の暗殺者になるために幼い頃から訓練を受け続けていたメーガン
ひょんなことから学校生活を送れるようになってドキドキワクワク状態

ヘイリー・スタインフェルドは役柄によっては違うがインパクトがあるイメージ
今回はどちらかといえばインパクトが薄いほうかもしれない
少し笑えるところもあるんだけど、よくある映画の流れとも言える
個人的には楽しくみれました

意外だったのはダヴ・キャメロンと共演していたこと
二人は別々の映画に出演し続けると勝手に思ってました
単純に二人のキャラが潰しあうのかなとの理由があったんですが、それは心配なかったようです
____________________

ヘイリー・スタインフェルド🔴メーガン・ウォルシュ(エージェント83号)
ソフィー・ターナー🔴ヘザー(エージェント84号)
サミュエル・L・ジャクソン♠ハードマン教官

ジェシカ・アルバ🔴ヴィクトリア・ノックス(武器商人、一体何者)

【ラーソン家】
ダヴ・キャメロン🔴リズ・ラーソン(姉)
レイチェル・ハリス🔴ペニー(母親)
ジェイソン・(イアン)・ドラッガー♠パーカー(弟)

トーマス・マン♠ロジャー・マーカス(機械オタクなら通じそう)
トビー・セバスチャン♠キャッシュ

1回目
【記録】
ヘイリーが目当てで鑑賞。
内容はありきたり。展開も読める。サクサク進んでサクサク終わった。
J

Jの感想・評価

2.8
ヘイリーとジェシカアルバ目当て。
>|