あな

グランド・ブダペスト・ホテルのあなのレビュー・感想・評価

3.0
初めてウェス・アンダーソン監督の作品を観たが、テキパキしたスピード感とちょっぴり毒のあるユーモアとシリアス具合が丁度よく混じりあっていて心地いい作品だった。
今作は物語としてはミステリーだが、内容よりも作風に目がいってしまう。テンポのよい動きや、カーテンを閉める音や足音等耳にこびりつく心地いいリズム、昔のヨーロッパ風のホテルの様式や家具、その他小道具や台詞回し等細部までその世界観にこだわった演出がいちいち楽しい。けど、ただ楽しいだけではなく、ちゃんとリアルなところはリアルで、別に見せなくてもいいのでは?と思ってしまうような戦時中の悲しい現実というのも随所にあったりする。この監督は社会問題とかをちゃんと提示する人なのかな?
とにかくいろいろてんこ盛りで楽しい映画だった。良作!