鷺宮テラス

グランド・ブダペスト・ホテルの鷺宮テラスのレビュー・感想・評価

4.9
No,of course not.

脳ミソ困惑!

開始20分でストップ。小気味イイを通り越して続けざまに速く文学的→"形容詞たっぷり"の台詞が聞こえ視覚からは自分の好きな色使いの服装や小物が出てくるものだから処理が追いつかない。

一度落ち着き鑑賞方法を相談して整理する。Here we go.脳が作り出すheuristicは便利なもので一度生成すると不快感は残らない。もし映画館だったなら初回は食らいついて行けず4回くらい足を運んだかもしれない。


登場人物の豊かに惚けた表情と考える間を与えない聞いたことのない単語の台詞の連続応酬からかろうじてわずかな脳の隙間から考えられたのはpiperboy,rat,pockmarkから連想するのはハーメルンの笛吹き男だということくらいだけれどそんなことどうでもいいと心から感じれるくらい鑑賞後の私の心の残滓は"清々しくうつくしく懐かしくたのしい"というこんな感覚ははじめてなのであった。なんじゃこりゃー。

とにかくグスタフさんの言葉遣いと振る舞いが最高のコンシェルジュ感漂っていて電車の中で堂々とした姿勢、そしてimmigrantではなくrefugeeと知った時にすぐ謝罪する感じサイコー。

トムホのスパイダーマンに出てくるあの子、本作ではロビーボーイでした。


苦笑いしか出来ない場面もあったけれど総じて楽しみ方がわかってきてイイ。エンドロールの音楽はとってもたのしくて、右下に動くキャラクターも可愛くて最も好きなエンドロールになりました。

あー、たのしかった!