グランド・ブダペスト・ホテルのネタバレレビュー・内容・結末

グランド・ブダペスト・ホテル2014年製作の映画)

The Grand Budapest Hotel

上映日:2014年06月06日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hがいた。究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。しかし、彼の人生は一夜にして変わる―― 長年懇意にしていた“マダムD”が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。ベルボーイのゼロとともにコン…

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hがいた。究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。しかし、彼の人生は一夜にして変わる―― 長年懇意にしていた“マダムD”が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。ベルボーイのゼロとともにコンシェルジュ・ネットワークを駆使するグスタヴは、誇りをかけて謎を解き、ホテルの威信を守ろうと大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る!

「グランド・ブダペスト・ホテル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

よく分からんかった。
飛行機で。
おしゃれな世界観。映像だけかと思ったらストーリーもしっかりしてる。キャラクター達もなんだこいつら面白い。
わたしの中で最高の娯楽映画。
この監督の作品、本当に好きだわ。
好み中の好み、どストレートに好き。

コミカルな中にもうわあって思ってしまうグロさがあって見てる側を休ませない。
ハラハラして見ちゃった、相変わらず。

それに使ってる音も好きなものばかり。

たまに出てくるミニチュア感も大好き。
色彩もめちゃくちゃこだわり感じる。大好き。

あーつまり好み。(笑)
左右対称、整然とされた映像がみていて楽しい。すべてがポップに映し出されてる。コンシェルジュとロビーボーイの話。理解のあるコンシェルジュの言葉がいい。たまに汚い言葉をロビーボーイに使うけど、すぐに非を認める優しさとか、信頼関係とか。
メッセージ性みたいなのはよくわかんなかったけど、映像とストーリーにわくわくした。
 物語は1人の女性がある銅像の前で読書を始めるところから始まり、その本の作家がホテルで出会ったベルボーイが語った不思議な話が展開していきます。

 ウエス・アンダーソン監督作品のシンメトリーでおもちゃ箱のような映像美は相変わらずの全開っぷりに毒もいっぱいで、その世界で名優たちがドタバタするのが楽しい映画でした。
 その中で、伝説的なコンシェルジュと新入りのベルボーイの師弟関係であり兄弟のような関係性が描かれていきます。

 老婆が殺害されて、遺品の絵画を巡って、冤罪事件で捕まって、絵画に隠された秘密を巡ってのサスペンスであり伏線が回収されていく。
 ただ今までのウエス・アンダーソン監督作品にあった家族を巡る話が薄まってしまって乗り切れない部分もありました。映像を見てるだけで楽しいのに、その上に複雑なサスペンスが絡んできて、作り込みが凝りすぎていて力入れて見ることになる疲れる映画でした。
音楽、映像、テンポが良い。
ホテルの内装、従業員たち、衣装、街並み、家具…すべてのデザインが最高。
赤!ピンク!紫!良い
アニメーションのような演出も素敵。
コミカルで笑えるけど重い。戦争中の「あたりまえ」がつらいけど、もちろん彼らにとっては当たり前、仕方ないこととして受け入れているから明るく見える。

ゼロとグスタヴの関係素敵。
ホテルのオーナーからオーナーへ電話がつながっていくシーンはワクワクドキドキ!
キャラクターがみんな素敵!
殺し屋の人は怖い。
楽しいからこそいい人が死ぬとダメージがすごい。
残酷なおとぎ話のようだった。
作家が支配人に、「いかにしてホテルを手に入れたか」を尋ねる。その支配人はホテルの元ロビーボーイだった。彼は、先代の支配人と巻き込まれた事件の話を語る。

簡単に言うとストーリーはこんな感じ。
どこを切っても部屋に飾りたくなるカットばかり。綺麗、おしゃれ
めっっっっっっちゃよかったです。
元々観たいなぁ観たいなぁと思いつつも、受験生だったことと、「映像はかわいいけどストーリーは、うーん…」というコメントがそれなりにあったことから踏み切れずにいました。
しかし受験もこの間終わり、どうせこの先も気になり続けるのならと思い切って借りてみたら!!! 大成功です
皆さん仰っているように、ずっと見ていたいくらい可愛らしい映像…一瞬一瞬を切り取っても絵になるぐらい計算しつくされている。グランドブダペスト、私も泊まりたい。
内容は、まずコンシェルジュのグスタヴとロビーボーイのゼロの絆?が良かったですね。
個人的に恋愛より、友情や名前の付けられない絆を描いた作品が好きなので。
また、悪役が罵り言葉としてホモ野郎とかなんとか叫ぶのを気分が悪いなと思って観ていたら、どうやらグスタヴをバイセクシャル(=性的少数者)、ゼロを難民(=民族差別の被害者)と設定することでホロコーストを意識している部分もあるみたいですね。言われないと分からないくらいナチュラルに描いている部分もまたgoodです。
他にも色々書きたいお気に入りポイントは多々ありますが、好きすぎて購入も検討しているので、そうしたら何回か見直して考察したいと思います。
映像がとにかく綺麗。すこし昔の美しき東欧って感じ。
ホテルのデザインも、鮮やかな色がエレガントに調和していて素敵だった。

グスタフ氏が体現していたロマン主義の世界はもはや過去のものになってしまった。故に彼の守ったグランド・ブタペスト・ホテルが「魅力的な廃墟」なのだなと納得。

大団円のコメディと思わせておいて結末が切ない。だからこそ「魅力的な廃墟」に纏わる物語にふさわしいのかも。
・大好きな映画。世界観が監督のセンスで溢れている。
・ピンクを貴重にした映像、作り込まれたシンメトリーは観ていて本当に心地がいい。
・所々にネタも入っていてシュールでコミカルなシーンもあるけど、結末は「戦争」が絡んできていて、何とも切ない終わりだったなあ。。
・過去を受け入れて愛し続けているムッシュ、素敵でした。
>|