47RONINの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「47RONIN」に投稿された感想・評価

issei

isseiの感想・評価

2.5
途中で見終えるか心が折れそうになった。ガイコツの人がモブだった。
侍版マグニフィセント•セブン×ラスト•サムライin創作JAPANって感じの映画だった!

世界観が中国文化と完全にごちゃまぜになっててステレオタイプ全開な部分しかなかったけど、それが逆に新しくて良い!これこそ映画の世界観!!

キアヌとこの創作JAPANがマッチしてて魅力引き立ってた~まじかっこよかったー!!

キアヌ×柴咲コウもめっちゃ合ってたなあ、「来世でも君を探す」とか言ってたなあ、言うことがかっこよいよなあ。笑

あ、気づけば100レビュー目…笑
予想よりちゃんとしてたw

ただ、いまいちこの作品はキャスティングも含めて、誰に、何を見せたいのかが見えなかったかな。

真田広之の素晴らしさが印象に残った。
Yurihanna

Yurihannaの感想・評価

2.9
赤西仁が英語話してて嘘じゃなかったんだって思ったし、今やジャニーズをやめて独立した意味が分かる。
たいら

たいらの感想・評価

1.5
5分に一回どころか、1分に一回ツッコミがある。というか、ツッコミ過ぎて疲れて嫌になる。馬鹿さを楽しむB級感より、呆れることで馬鹿映画にもなってないから只々きつい。

この突き抜けた頭の悪いデザインや勘違い文化のムズムズ感、何かと思えば三國無双とか戦国無双の無茶苦茶感。中途半端に日本好き感を漂わせてるあたりが、更に疲れを加速させる。

追加撮影や編集に次ぐ再編集などの連続で予算肥大、との事でこの新米監督は二度とハリウッドの監督椅子に座れん程の失態で、苦渋を飲んだはずだ、これは監督としてはある種の「死」である。

きっと自分の思う通りにいかず、プロデューサーや偉い人から怒られてたはずだ。しかも当時はもちろん、今でも視聴者からは叩かれる見下され、、、あれあれ?これってある意味、赤穂浪士の気持ち制作中より分かるんじゃない?今ならもっとマシな47RONIN2とか、47RONINリローデッドとか、帰ってきた47RONIN とか作れるんじゃない???

と煽りたくなるほど一体なんなんだろかこの映画は?というお粗末なダメ映画。
ネット上で話題になってたので次女と観に行った思い出。
「どうしてこうなった」感を覚える作品。
やっと観ました。
世の中の評価は散々で、結局自分も劇場に観に行く勇気は無かった作品。

確かユニヴァーサルは、本作品で150億円以上の赤字を計上したはず‥同じ年に『ワイスEURO‥』『怪盗グルーのミニオン危機一髪』辺りの大ヒット作があったから会社が傾かずに済んだってことかな?www

自分としては結構楽しめた。好き嫌いはあると思うが、元々日本の昔話には『かぐや姫』『桃太郎』等のファンタジーが多いのだから、そのひとつと考えれば違和感もなく観られる。邦画にも『魔界転生』『陰陽師』とかあるじゃん!
キアヌ主演、日本の国民的時代劇「忠臣蔵」がベースだが魔法や妖怪が出てくるアクションファンタジー。どう見ても、日本よりも中国寄りのオリエンタリズムが強くそのくせラスボスは龍(西洋のドラゴンは魔獣だが、東洋の龍🐉は聖獣)だとか違和感はあるが野暮なツッコミは無用。例えば『300』だって、史実のスパルタ兵がパンツ一丁の格好して闘うワケがないのだ。

お話は浅野と吉良の確執をスッ飛ばし「妖術で乱心」とか、キアヌ参戦の為にお姫様とのロマンスを軸にしたりとか、色々辻褄合わせは苦しいが、日本舞台設定でキアヌと浅野忠信や真田広之、菊地凛子、柴咲コウあたりの日本の有名俳優たちの共演が成り立ったことを素直に喜ぶべき一本。ちなみに、ロシアではめちゃめちゃウケたらしい。やっぱりお国柄かな。
kumi

kumiの感想・評価

2.8
「忠臣蔵」をベースにした、
キアヌ・リーヴスあっての夢の日本風ファンタジー。

全体的に中国っぽいけれどそれなりに楽しめる。

主演ではないにせよ
菊地凛子の不気味さは逸品で群を抜いてる。
510

510の感想・評価

2.6
素晴らしいキャストで作られた珍妙な作品。言うなれば忠臣蔵ファンタジー。日本をいろいろ勘違いしてる外人が真面目に作った奇妙な仕上がりで、正直どの層に向けて作りたかったのか全く理解出来ない。日本勢の俳優陣の演技は素晴らしい。「俳優の無駄使い」という言葉がピッタリで、最高級の素材で素人の外人が寿司を作ったような一品。