にっきい

ザ・コール [緊急通報指令室]のにっきいのレビュー・感想・評価

3.2
少女の全裸死体、当然全身モザイク!

何時も金曜は"猿と人間、地球の覇者はどっち?猿の惑星年代記"なんですが…、今週は鑑賞が間に合いませんでした!(笑)
って事で今日明日の単発企画"緊急コールセンターは今日も大忙し"やっちゃいます!(笑)
今のところ今年観た映画の中でNo.1の『ギルティ』と同じ設定だと聞いて気になってた作品。
そしたら何と!GYAO!にありました!

誘拐犯の車は赤の(トヨタ)カムリ!って話し。
これは思ってたのとだいぶ違いました。
コールセンターでの通話がメインだけど、ほぼ一人芝居だった『ギルティ』と違い
、今作は通報者=被害者も、実際に捜査してる警官やコールセンターの同僚も、それどころか犯人までも描かれてます。
どちらを先に見たかで印象は変わったと思うんですが、今作を先に見てたら『ギルティ』は動きの無い単調な作品に思えたかもしれないし、『ギルティ』を先に観た僕は、会話から手がかりを見付ける心理戦を期待してたから、今作はその辺の緊迫感があまり感じられませんでした…。
ただそれは両作を比べたらの話しで、作品単体としてみたらかなり良質のサスペンスでした!
犯人に見つからないように周りに合図を送るところや、ラストのオペレーターと犯人の直接対決とか、かなりドキドキしました!
でもせっかくリアリティのある話しだったのに、実際に捜査してる警官よりオペレーターが先に犯人見つけたり、あのラストシーンは警察無能過ぎじゃね?ってなりました。

以前にもチラッと書いたように僕は厨二病なんで出かける時は全身真っ黒(笑)
で冬は基本コートを着てるんですが、3月末がわりあいあったかかったからコートクリーニングに出したんです。
そしたらコート要る寒さ!
また出してきました(笑)