sobayu

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーのsobayuのレビュー・感想・評価

4.0
前作でもヒーローは不憫さが魅力と感じたけれど、今回も負けず劣らず不憫であった。キャップはもう滅私し過ぎて犠牲にするものすら残ってないのに常に試され続ける。公人であることを強いられるキャップの中に残る人間的な執着=愛が親友バッキーの存在なんだと思うと涙こぼれそうに萌えるので早く続き観たい。幸せになってほしい..。

そもそももやしだった頃から偏執的な正義感で精神のバランス崩してる系だったので、体は強くなった今もなんか見てて不安になる人だ。自宅へ帰る時さえ盾を手放さないっていうのは。