アイリス

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーのアイリスのレビュー・感想・評価

4.0
キャプテン・アメリカ2(2014年)
MCU:第9作品目


ヴィブラニウムシールドとか機械式の義手とかを活かした肉弾戦が洗練されててクソカッコ良い。

マスクしたバッキーがかっこよすぎる。屋根の上で振り向きざまにシールドを片手で受け止めるところ大好き。そこだけじゃなくて、身のこなしが全てカッコ良いよね。

後は全体的にダークな雰囲気が漂ってて良い。敵の設定もそうだし、前半はずっとヒーローとしての苦悩(大好物)を描いてる。

MCUを立て続けに観てきて思ったんだけど、映画単体で評価するのが難しくなってきた。クソ面白い連続ドラマを見てるような感覚というか。



以下、クロスオーバー要素。


・ファルコン初登場。

・ホワイト・ウルフ=ウィンター・ソルジャー(の1人)=バッキー・バーンズが生まれ変わる。というかこれがメインテーマ。キャプテン・アメリカ3、アベンジャーズ3にも登場。

・ヘリキャリアのエンジンはトニー・スターク(アイアンマン)が作ったとの説明がある。

・ヘリキャリアが抹殺対象をロックする時にスターク・タワーにいるトニー・スタークをロックする描写。

・ジャスパー・シットウェル(シールドに潜り込んでたヒドラのハゲ)がドクターストレンジを示唆する発言。

・エンドロール後、アベンジャーズ1後のロキの杖をヒドラが入手した描写。アベンジャーズ2に繋がる。

・更にエンドロール後、双子(クイック・シルバー、スカーレット・ウィッチ)初登場。奇跡の時代として、ヒドラの研究施設で管理されていることが分かる。クイック・シルバーはX-MENにも登場するのでややこしいけど、X-MENとは直接関係ない。アベンジャーズ2、3に繋がる。



キャプテン・アメリカはシールドと並行して描かれてるから、大部分がアベンジャーズに繋がってて、クロスオーバー要素を書きにくい……。

このクロスオーバー要素の列記、最終的には綺麗に整理しようと思ってたけど、いざやってみると到底無理だってことが分かったから、備忘録的な感じで雑にまとめようと思う。



次はマイティ・ソー2、ガーディアンズ~1のどっちか!