キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーの作品情報・感想・評価

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー2014年製作の映画)

Captain America: The Winter Soldier

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:136分

4.0

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」に投稿された感想・評価

やはり最高に面白かった。

冒頭のランニングシーンといい、ウィンターソルジャーのフォルムといい、エレベーターのシーンといい、フューリーの車のシーンといい名シーンが多い!

しっかり伏線を敷きながらも、確実にmarvelの自作に繋げ、尚且つ全開のファーストアベンジャーも繋げてくる点などは格段に作品自体が良くなっていると言える。

すごくダサいキャプテンがカッコよく観えるし、私みたいな自由と国の為にって言えばなんでもいけるスタンスのキャプテンが嫌いな人もこれなら楽しめるかと。
Nene

Neneの感想・評価

4.0
周りのマーベルオタクがみんな推していたので満を持しての鑑賞。
やはり私もここまで観たシリーズの中で一番好きだった!!
キャップかっこよすぎる。どこまでも貫くキャップの姿勢好き。
バッキーとの友情…泣いた…この手のエピソード弱い…
あのキャプテンアメリカ博物館私も行きたい。作ってほしい(?
ただアクション!てだけでなく、正義とは何かっていうテーマがずっしり響いててよかった。大義名分のもとであればなにをしても良いのかっていう問いはどの時代でも、世界共通の問いだと思った。
正義、自由、平和、責任、考えようによっては100通りある。難しいですね。
再鑑賞

キャプテンのシリーズ2作目。氷から蘇り、アベンジャーズでは地球を救うヒーローの一員となったキャプテンはその後シールドの任務を遂行している。

自由のために戦った前作と打って変わって2作目はサスペンスの要素を含んだストーリーとなっている。単なるヒーローものでなく疑心暗鬼の葛藤を描いているのがキャプテンシリーズの面白いところ。アクションシーンは相変わらず素晴らしく戦闘機をお馴染みの盾一つで破壊するシーンが1番好きです。

最新作キャプテンマーベルを観た方にはわかると思いますがフューリーの片目を無くした理由。この映画はもう6年前ですが最新作と辻褄が合ってるか? その辺りも興味深く観れます。
kakkoka

kakkokaの感想・評価

3.9
駆け込みアベンジャーズ 8/19

タテ使いならではのアクションと、強いし中二心くすぐる強烈なヴィランが最高に楽しい1本。
あと、あの前回までのあらすじの紹介の仕方は画期的やなと思いました。
yudai

yudaiの感想・評価

4.0
2019年21本目
アベンジャーズエンドゲームに向けての復習。
キャプテンアメリカ とバッキーの対決が胸熱過ぎて、エンドゲームで泣く準備は万端です。

その前にシビルウォーの復習鑑賞で泣くかもしれません。
シ

シの感想・評価

4.5
3月24日
まこと

まことの感想・評価

3.9
スティーブ・ロジャースとバッキー・バーンズ

これは男と男の友情物語、そしてそれは個人的に大好きな種類の一物語

拳をぶつけ合う二人だけど心の奥底の部分で互いに互いを理解できてた展開が観ていて嬉しくなる


そしてファルコンが最高、一つの文句も見当たらないキャラクターが満を持してここから登場
携帯が手元にあるのにわざわざ小さいノートに手書きでメモを残すキャップ。
やべえ!キスして誤魔化そうぜ!!なシーンで地味に手を添えるキャップ。
後でそれをツッコまれて気まずいキャップ。
キャップの可愛いところとかっこいいところが両方盛りだくさん。
国によって書かれている内容が若干異なる手書きのメモ(の日米版)にはNirvana(band)だとかSteve Jobs(Apple)だとか色々と書かれていて、
「やっぱこういう時はNirvanaだよなー!!」
「Nirvana...?」
「お前Nirvana知らねーの!?」
みたいな流れがそれぞれにあって、真面目故にせっせとメモしたんだろうなぁと思うときゅんとします・・・。
スターウォーズも知らない、スタートレックも知らない、月面着陸もベルリンの壁もタイフードも知らない、だってずっと寝てたんですから。
挙げ句の果てに今はそんな言い方しないよキャップ・・と言いたくなる"ディスコ"までメモしてるの、萌え過ぎ注意の看板を吹き飛ばして崖に落ちる勢いです。

ウィンターソルジャーとありますが、あくまでキャップ主体の作品なので、
さてさてどうなりますかな、とちょっとしたニヤリを漂わせる程度の登場でした。
>|