ラフマン

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのラフマンのレビュー・感想・評価

4.0
昔、中古CDショップで働いてたことがあります。店番を任された日は天国でね、好きなCDを店内でかけまくってました笑
その時は70年代のロックやポップにはまってて、とにかく手当たり次第聞いてました。
なので、この映画!
ほとんど知ってる曲で、それが最高にアガりましたね。
『レザボアドッグス』でのブルースウェードの『ウガチャカ』の使い方も良かったけど『ガーディアン…』での使い方も良かった。
冒頭いきなり10CCってのもいい!
そして、何といってもエンディング。
マービン・ゲイとタミー・テレルの『Ain't No Mountain High Enough』。目頭が熱くなりました。
ストーリーは普通なんですけど、音楽と各キャラクターの個性が立ってたのが良かったですね。