ゆき

ブルージャスミンのゆきのネタバレレビュー・内容・結末

ブルージャスミン(2013年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

保身第一の夢見る子ども♪
これがジャスミンだ。

最初、アレッ⁉︎この人、ダンナの仕事とか浮気うすうすわかってて見て見ぬふり?

って思ったんだけど、どうやら違う。自分の口座ダンナに貸してたし、浮気がバレたときマジギレしてた…
うわっ‼︎マジなんだこの人‼︎とわかったときトリハダがたちました。

大学を中退して一度も社会に出ずに金持ちと結婚。
世間知らずのまま破産。
妹ジンジャーのお金もダンナに任せ、一文無しにし、離婚てことになっちゃったのに「儲けさせてあげようとしただけよ」。
ジンジャーの家に文無しで居候するのに、ファーストクラスでシャネルの服、ヴィトンのスーツケース、ケリーバッグ…
そのうえ家と彼氏に文句つける。
自分が置かれている現状をわかっていない。こういう時どうすればいいのかという一般常識がわかっていない。

ジャスミンは50代くらいの設定だろうか?これを子どもと思ってみよう。そうするとあら不思議⁉︎
ドールハウスで遊ぶ愛らしい女の子だ。金持ちの彼とオシャレなお友達。
ある日オモチャがなくなったって今更折り紙とかで遊べない。

なんで無くなったかって、自分が危なくなったからダンナを売ったわけで。
母親のせいで全てを失った息子のところに依存しに行くし。
息子の感情なんて考えてません。だって自分の不安のほうが大事だもん!

もうどうにも行き詰まって精神が不安定になっていくのですが、他に依存して生きてきた子どもなので当たり前ですよね。どうしていいかわからない。
最初、夢見る中学生って書いたんだけど、イヤ、中学生だってそれくらいの分別あるよと思って子どもに変えました(笑)

いやぁ、ぞっとしますね〜。
夢見る夢子ちゃん…こうはなるまい!と思います。
この映画、学校教材にすればいいのに…