のび

のびの感想・レビュー

ブルージャスミン(2013年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます。

映画『ブルージャスミン』は、落ちぶれたセレブがさらに救いようのないところまで落ちてゆくのを描く物語だ。ウォッカと精神安定剤を常に手にするジャスミンの、華やかな過去と痛々しい現実を対比させながら物語は進む。

ひとことで言うと『ブルージャスミン』は救いようのない物語である。それは虚栄心と嘘から逃れることができなかった末に陥ってしまう破滅を目の当たりにするからだ。

この物語のラストシーンはあまりにも悲しくて切ない。自分をかえりみることもない、みじめな自分を認められない、過去から何かを学び取ろうともしない、どこまでも地に足のつかない、虚栄心とプライドで全身を塗り固めたジャスミン。

そんな彼女のこれからの人生が決定的に破滅してしまうことは避けられないと、わたしたちに予感させる。ベンチに座り、暗い表情で虚ろな目をしたジャスミンの痛々しい姿が、わたしたちの心までを締め付け、痛めつける。引っかき傷のように、その痛みはわたしたちの胸に残されるのだ。