ブルージャスミン(2013年製作の映画)

Blue Jasmine

上映日:2014年05月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:98分
    監督
    ウディ・アレン
    脚本
    ウディ・アレン
    キャスト
    アレック・ボールドウィン
    ケイト・ブランシェット
    ルイス・C・K
    ボビー・カナヴェイル
    アンドリュー・ダイス・クレイ
    サリー・ホーキンス
    ピーター・サースガード
    マイケル・スタールバーグ
    タミー・ブランチャード
    マックス・カセラ
    オールデン・エアエンライク
    あらすじ
    サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華やかな表舞台への返り咲きを図るものの、過去の栄華を忘れられず、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。 やがて何もかもに行き詰まった時、理想的なエリート外交官の独身男性ドワイト(ピーター・サースガード)とめぐり会ったジャスミンは、彼こそが再び上流階級にすくい上げてくれる存在だと思い込む。 名曲「ブルームーン」のメロディに乗せて描かれる、あまりにも残酷で切ない、ジャスミンの運命とは。

    「ブルージャスミン」に投稿された感想・レビュー

    のび
    のびの感想・レビュー
    2016/11/19
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    映画『ブルージャスミン』は、落ちぶれたセレブがさらに救いようのないところまで落ちてゆくのを描く物語だ。ウォッカと精神安定剤を常に手にするジャスミンの、華やかな過去と痛々しい現実を対比させながら物語は進む。

    ひとことで言うと『ブルージャスミン』は救いようのない物語である。それは虚栄心と嘘から逃れることができなかった末に陥ってしまう破滅を目の当たりにするからだ。

    この物語のラストシーンはあまりにも悲しくて切ない。自分をかえりみることもない、みじめな自分を認められない、過去から何かを学び取ろうともしない、どこまでも地に足のつかない、虚栄心とプライドで全身を塗り固めたジャスミン。

    そんな彼女のこれからの人生が決定的に破滅してしまうことは避けられないと、わたしたちに予感させる。ベンチに座り、暗い表情で虚ろな目をしたジャスミンの痛々しい姿が、わたしたちの心までを締め付け、痛めつける。引っかき傷のように、その痛みはわたしたちの胸に残されるのだ。
    ポー
    ポーの感想・レビュー
    5時間
    3.5
    ラストシーン、衝撃がじわじわとくる。
    カトコウ
    カトコウの感想・レビュー
    9時間
    3.4
    いわゆる上流な暮らしを手に入れていた主人公女性が離婚などで財産も配偶者も失い
    縁遠くなっていた妹の元に転がり込んで来て、再出発するまで居候するという話

    終始爽快感はなく主人公もあまり善人とは言えない、が決して悪人でもない
    あまり好きな言葉ではないけど普通ーの人間
    上流にいた頃の価値観を引きずりつつも落ちて来た場所に全く適応できないほど世間知らずでもない

    そんな彼女が困難にあいながらも生長し周りの人間の生活にも影響を与え変化させて行く…という筋の映画かと言えば

    そこは単純にそうはいかないたいう
    そのシビアさは嫌いじゃないけど

    惜しいのは主人公のキャラに自分は魅力を感じられなかったといったところかなと
    ymm
    ymmの感想・レビュー
    1日
    3.5

    面白かった。過去ばかり振り返るのはダメね。
    女は男で、人生変わるのね。ジャスミンの今後が気になる。
    不死原
    不死原の感想・レビュー
    1日
    3.0
    一世一代女の虚栄のアイロニー。
    欲望って重なり続けるから大変だ。
    Seika
    Seikaの感想・レビュー
    2日
    3.2
    ウディアレンって感じ。
    の割にはつらーっと観れた。
    ケイトブランシェットいろんな表情するから好き。

    ステータス、浮気、お金。
    いかにもウディアレン。

    今までのところ、アレックボールドウィンにいいイメージなし。笑
    pita
    pitaの感想・レビュー
    3日
    3.0
    精神的に壊れる前のジャスミンが美しすぎるってとこだけ俺得
    洗練された空間ばかりで映像は美しかったけど
    惨めさと貧しさが気に入らないと頑なに思っていてはだめだなー
    自分にとっての幸せが大事だよね
    アンナカレーニナを見せたい
    demmy88
    demmy88の感想・レビュー
    4日
    3.8
    ケイト・ブランシェットの美しさに飲み込まれました。
    そんな美しい人が、壊れて行くのを見るのは辛かったですが、人生のあり方とか、人との関わり方とか、見直そうと思わされました。
    蟻子
    蟻子の感想・レビュー
    4日
    3.2
    ものすごい衝撃。
    なんの救いもありません。
    ただひたすらに壊れている主人公を見て、うわーってなるだけ。この映画から何を得ろというのでしょう?

    セレブから転落した主人公。心のバランスを崩してる彼女はひたすら嘘を重ねて、あげく久しぶりに再開出来た息子からは、俺の人生から消えてくれと言われ。

    私はあんな風に感情ぶちまけるってことがないタイプの人間なので、見ていてなんかとても不思議な気分になりました。

    最後も、シャワー上がりに髪も濡れてスッピンのまま、嘘と独り言で終わります。まじか。

    あと息子いる前で新しい恋人に熱をあげて、彼ってばベッドではワイルドなのよとか、新しい香水はやく嗅がせたいとか、どーなのそれ!なんかもうすげーな!


    ここまで酷評ですが役者さんたちは悪くないし、吹き替えでは久しぶりにラムちゃんや平成教育委員会でお馴染みの平野文さんの声が聞けて楽しめました。

    この映画は、楽しめる人もいれば、時間の無駄って思う人もいるだろうな。ご注意を。
    >|