ブルージャスミンの作品情報・感想・評価

ブルージャスミン2013年製作の映画)

Blue Jasmine

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華…

サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華やかな表舞台への返り咲きを図るものの、過去の栄華を忘れられず、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。 やがて何もかもに行き詰まった時、理想的なエリート外交官の独身男性ドワイト(ピーター・サースガード)とめぐり会ったジャスミンは、彼こそが再び上流階級にすくい上げてくれる存在だと思い込む。 名曲「ブルームーン」のメロディに乗せて描かれる、あまりにも残酷で切ない、ジャスミンの運命とは。

「ブルージャスミン」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画『ブルージャスミン』は、落ちぶれたセレブがさらに救いようのないところまで落ちてゆくのを描く物語だ。ウォッカと精神安定剤を常に手にするジャスミンの、華やかな過去と痛々しい現実を対比させながら物語は進む。

ひとことで言うと『ブルージャスミン』は救いようのない物語である。それは虚栄心と嘘から逃れることができなかった末に陥ってしまう破滅を目の当たりにするからだ。

この物語のラストシーンはあまりにも悲しくて切ない。自分をかえりみることもない、みじめな自分を認められない、過去から何かを学び取ろうともしない、どこまでも地に足のつかない、虚栄心とプライドで全身を塗り固めたジャスミン。

そんな彼女のこれからの人生が決定的に破滅してしまうことは避けられないと、わたしたちに予感させる。ベンチに座り、暗い表情で虚ろな目をしたジャスミンの痛々しい姿が、わたしたちの心までを締め付け、痛めつける。引っかき傷のように、その痛みはわたしたちの胸に残されるのだ。
Yui

Yuiの感想・評価

3.4
なんと表現したらいいのだろう・・この後味。

スッキリするわけでもモヤっとするわけでもない。

きっとウディアレン監督のなせる技であろう・・

ちょっと、もう一回今度はお酒飲みながら画面にかぶりついて見たい🍷


「昔は歌詞を覚えてたのに・・・」
yuji

yujiの感想・評価

3.7
NYセレブ妻のジャスミン(ケイトブランシェット)が、実業家の夫ハル(アレックボールドウィン)の逮捕から、財産を失い、血縁のない妹ジンジャーを頼ってLAに移住、再起を誓う。しかしながら、虚栄心まみれのジャスミンはすべてに見放され転落していくというゲスめのストーリー。後味悪い結末だったが、薬を手放せず、気づくと独語を話してしまう、病んでる見栄っ張り女をケイトブランシェットが好演していたし、心地よいBGMに、いつもどおりのテンポのよい展開、あっという間の90分間だった。

ただ、人生は単なるから騒ぎという感じで、ブツブツつぶやくウンチク男が主人公のいつものウディアレン監督作品とはやや趣が異なる作品かもしれない。
teddy

teddyの感想・評価

3.6
どうしようもない女たちだなーって思ったけど、そうやって純粋に思えるくらいリアルだった。
ケイトブランシェットの女優の風格により、衣装の着こなしに至るまでが思い出せる作品。いつものウッディアレンの感じとは一味違った。
sachi

sachiの感想・評価

3.0
登場人物が全員まあまあのクズで、でも人間くさくて憎めないので、飽きずには観れました。が、後味は良くなくて、やっぱりウディアレン苦手~
Chika

Chikaの感想・評価

-
病んでいく感じがリアル、、
Mina

Minaの感想・評価

3.8
ジャスミンの精神不安定な様子がリアル。セレブな生活から一気に転落して辛いのは分かるけど、周りの人の生活がジャスミン夫妻のせいで滅茶苦茶になって苦しんでるのに全く気に留めず、自分のことばかり。自己中心的で、周りの人の気持ちも見えてなくて、現実を直視できない。将来が見えないのは今を生きようとしてないからでしょ。愚痴愚痴言わずに、他人に頼らずに、自分の幸せは自分で掴みなさい、大人が甘ったれんな!と言いたくなった。反面教師的な主人公。こうも反面教師だと思えるキャラクターって、アガサ・クリスティの『春にして君を離れ』の主人公以来だなあ。
もう、ボロボロやん
ズタボロやん
演技力◎
>|