ブルージャスミン(2013年製作の映画)

Blue Jasmine

上映日:2014年05月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:98分
    監督
    ウディ・アレン
    脚本
    ウディ・アレン
    キャスト
    アレック・ボールドウィン
    ケイト・ブランシェット
    ルイス・C・K
    ボビー・カナヴェイル
    アンドリュー・ダイス・クレイ
    サリー・ホーキンス
    ピーター・サースガード
    マイケル・スタールバーグ
    タミー・ブランチャード
    マックス・カセラ
    オールデン・エアエンライク
    あらすじ
    サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華やかな表舞台への返り咲きを図るものの、過去の栄華を忘れられず、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。 やがて何もかもに行き詰まった時、理想的なエリート外交官の独身男性ドワイト(ピーター・サースガード)とめぐり会ったジャスミンは、彼こそが再び上流階級にすくい上げてくれる存在だと思い込む。 名曲「ブルームーン」のメロディに乗せて描かれる、あまりにも残酷で切ない、ジャスミンの運命とは。

    「ブルージャスミン」に投稿された感想・レビュー

    のび
    のびの感想・レビュー
    2016/11/19
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    映画『ブルージャスミン』は、落ちぶれたセレブがさらに救いようのないところまで落ちてゆくのを描く物語だ。ウォッカと精神安定剤を常に手にするジャスミンの、華やかな過去と痛々しい現実を対比させながら物語は進む。

    ひとことで言うと『ブルージャスミン』は救いようのない物語である。それは虚栄心と嘘から逃れることができなかった末に陥ってしまう破滅を目の当たりにするからだ。

    この物語のラストシーンはあまりにも悲しくて切ない。自分をかえりみることもない、みじめな自分を認められない、過去から何かを学び取ろうともしない、どこまでも地に足のつかない、虚栄心とプライドで全身を塗り固めたジャスミン。

    そんな彼女のこれからの人生が決定的に破滅してしまうことは避けられないと、わたしたちに予感させる。ベンチに座り、暗い表情で虚ろな目をしたジャスミンの痛々しい姿が、わたしたちの心までを締め付け、痛めつける。引っかき傷のように、その痛みはわたしたちの胸に残されるのだ。
    ももまま
    ももままの感想・レビュー
    4時間
    -
    ウディアレンを見直した一本。
    もち
    もちの感想・レビュー
    5時間
    -
    ウディ・アレンの作品は、すべてに共通項があって、またどうせハッピーエンドではないのだろうな、と思うけれど、お涙を頂戴しない感じや音楽やロマンティックな映像が好きなのでなんだかんだで見てしまう…!笑
    どこかのブログ?でコメディにジャンル分けされていたのだけど、コメディだとは思わなかったなーーでも好きでした
    お金持ちにも貧乏にもなりたくないし、虚栄心は捨てて等身大でありたい!
    パール
    パールの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    ケイトブランシェットは何やっても綺麗。
    好きだから高評価。
    JESSEmason
    JESSEmasonの感想・レビュー
    1日
    3.3



    気持ちはわかるが、、、



    あんなの近くにいたら耐えられん



    その時の感情で動いて自分がしでかした事の重大さを後程気付く


    幼き頃に沢山学ぶはずですよ



    ケイト様お疲れ様てした。
    task
    taskの感想・レビュー
    1日
    4.3
    傑作。ブルジョワと労働者の価値観の違いすべて対比させて両者の滑稽なところを浮かび上げさせて描く。綺麗な人が堕ちていく姿を見るのを撮るの上手だなー。
    libertee
    liberteeの感想・レビュー
    1日
    3.9
    この世は自分に満足したもん勝ち
    YoshidaKent
    YoshidaKentの感想・レビュー
    2日
    3.2
    すごく男性が作った映画だなという印象。

    ある層の女性を描いていて、女性は嫌悪感と同時にどこかハッとする部分があるんじゃないかな。あんまり書くと女性に非難されそう笑

    相変わらず、ウディ・アレンは狭いところを鋭く描いてるな笑
    1127sn
    1127snの感想・レビュー
    2日
    2.6
    ウディ・アレン化した、ケイト・ブランシェットの熱演。
    >|