akari

ミケランジェロ・プロジェクトのakariのレビュー・感想・評価

3.7
初めにひとつ言わせてもらいますと
「世間の評価が低かろうが私は好きですこの映画!!!!」

公開が決まってうちの劇場でもムビチケ販売しだして、西洋絵画もナチ物()も好きだしキャスト豪華だしワクワクっておもってたら公開延期からの中止で泣く泣く諦めたミケランジェロ・プロジェクト!が!帰ってきた!!!

だいぶ世間の評価低かったけど謎に愛着が湧いてしまっていたので鑑賞。普通におもしろかったーーー(U 'ᴗ' U)
戦争物だからたくさんの地名と人名が出てくるし、登場人物たちもあたかもスクリーンの前のみなさんご存知ですよね?って顔してたくさんカタカナ用語を連発するしでまあ追いつくのが大変だった(笑)
でもあんな戦時中に美術品を守るために兵隊の訓練一切受けてない大学教授だの舞台演出家だの美術品館長だのが必死に命かけてドイツ、さらにはソ連と戦ってたなんてカッコイイなあロマンだなあ

ぶっちゃけ美術品にそこまで命かけるうー?って素人の私は思ってたけど、ラジオでフランクが"If you destroy their history, you destroy their achievements and it's as if they never existed. "ってくうううそうよね、家や街は壊してもまた戦争が終わって人口が増えて作り直すことができるけど文化や美術品は壊したらそこで何もなくなってしまうんだよねって、そこからより感情移入してみることが出来たよねあのシーン最高
あとビルマーレイの家族からのボイスメッセージを聞きながらしんみりするシーンもたまらなく泣けたなあ、なぜか何回か泣いたなあこの映画(笑)

ビルマーレイとメガネちびおじちゃんペア可愛すぎね!笑えるし安心できるチーム!

ぶっちゃけ実話をもとにしてるからつまらん人にはつまらなかっただろうけど、わたしは実話とは思えないほど十分な内容だったとおもいます。はーい(^o^)/