ミケランジェロ・プロジェクトの作品情報・感想・評価

ミケランジェロ・プロジェクト2013年製作の映画)

The Monuments Men

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:118分

3.2

あらすじ

第2次世界大戦末期。戦火の激しさが日に日に増していくヨーロッパ戦線。ナチス・ドイツの敗色が濃くなる中、ナチスに強奪された美術品の数々を奪還すべく、ルーズベルト大統領の命を受けて立ち上がった者たちがいた。ミケランジェロの名作をはじめとする人類の遺産ともいうべき美術品の数々の運命は果たして…

「ミケランジェロ・プロジェクト」に投稿された感想・評価

凄く良かった。淡々としてるとか地味だとか言われてるみたいだけど、全くそんな風には感じなかった。なぜ戦時下に美術品を守るのか、それが何を守ることに繋がるのか。兵士でもない男たちがいまだ燻りの残る戦場に行くのはなぜか。何度もじんわりとした。

「文化と生き方を守るためだ」という冒頭の言葉でまずやられた。燃えかすの中のある人物の名の入った額、それと同時に見つける樽一杯の金歯に見る戦争。洗練された台詞、ごく自然に感情が乗せられる音楽の使い方も良いです。あとマット・デイモンのフランス語には笑います。

ナチスが悪党というよりは、何十何百年も受け継がれてきた文化や歴史や生き方を、戦争という名の元に、或いは個人の欲望や見栄のために安易に破壊することが悪なのであって、それらを守り次代へ受け継ぐために彼らは命を懸けた。人類としての誇りを守る戦いです。
コメディ/ドラマ 3
適度なコミカルさと適度な湿っぽさが良かったです。
実際は、いくら集結前後とはいえ戦時中に敵が奪ったものを奪い返すんですから、もっとピリピリというかシリアスだったんじゃないかなあと邪推しましたが。
こういう事があってこういう人たちがいたんだよって広めることがしやすいしとっつきやすいので良かったのかなと。
フランス人女性(クレールだったかな?)の芸術愛が素敵でした。本当に愛していたんだなあと。
芸術を愛し、芸術を守った方々に敬意を表します。
takakei

takakeiの感想・評価

3.5
戦時中ナチスに盗まれていた美術品を取り返す専門部隊の実話。

戦いの裏で、美術品に命をかけ守ろうとする人たちの生き様がかっこいい。
dirasaki

dirasakiの感想・評価

3.2
レンタル
6l3o

6l3oの感想・評価

2.8
やっぱりジョージクルーニーって苦手。
半分も見ないうちに退屈で、マニキュア塗りながら横目で見てしまった。
美術品の奪還をオフィシャルにするっていうストーリーは面白くなり得ると思うけれど、ヒネリも演技もなさ過ぎて観られなかった。
ナチスヒトラーが集めていた名画をチーム結成し、奪還するストーリー
もっと美術の知識を持って、みたい
>|