ミケランジェロ・プロジェクトの作品情報・感想・評価

ミケランジェロ・プロジェクト2013年製作の映画)

The Monuments Men

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:118分

3.2

あらすじ

第2次世界大戦末期。戦火の激しさが日に日に増していくヨーロッパ戦線。ナチス・ドイツの敗色が濃くなる中、ナチスに強奪された美術品の数々を奪還すべく、ルーズベルト大統領の命を受けて立ち上がった者たちがいた。ミケランジェロの名作をはじめとする人類の遺産ともいうべき美術品の数々の運命は果たして…

「ミケランジェロ・プロジェクト」に投稿された感想・評価

渡

渡の感想・評価

3.3
アクション強めかなと思ってたけど割とコミカルだった。
派手じゃないけど雰囲気がいい感じ
ビルマーレイ
オンチ

オンチの感想・評価

2.7
観たのに内容まったく覚えてないということは面白くなかったということなのではないでしょうか。
こんなに面子豪華なのにね
Jun

Junの感想・評価

2.3
普通
ザン

ザンの感想・評価

3.8
大戦中の米軍の武勇伝をエピソード満載で語っている。キャスティング的には美術の専門家と言うより、軍服を着れば立派な軍人に見える男たちがほとんどだ。それにしても火事場泥棒のように終戦のドサクサに横取りを試みるロシア軍は悪いやっちゃな。
show

showの感想・評価

3.5
戦争をしているときに、美術品は救うべきか?

「そんなことをしている場合ではない」という意見もあるだろう。でもこの映画では、そうではない。最初、美術品救出部隊を率いるストークス(G・クルーニー)は、美術品が人類の歴史にとって重要だとしつつ「命より大切な美術品はない」と言っていた。しかし、命を賭けて美術品を守ろうとしたドナルドら仲間の死以降、「命を賭けて美術品を守ろうとした仲間のためにも、美術品を救う」という態度へ変化していく。

実際、美術品含む文化財は、人々の気持ちに強い影響を与えるものとして、戦争や占領のさいに狙われる。近代以降だと、アルカイダによるバーミヤン遺跡の破壊、日本による景福宮内の総督府設置などが思いつく。この映画の場合は、政治的意図よりも、ヒトラーが画家として不成功だったという経歴が美術品の独占と破壊の理由にされているけれど。

そういう意味で、けっこう普遍的な問いを立てている映画である。ただストーリーはこの問いに対して「この話、要る?」的なものもあったかな…。仲の悪かったキャンベルとサヴィッツの和解、グレンジャーの地雷エピソードとか。映画として抑揚が必要だからなのかもしれないけれど、ちょっと普遍的な問いがぼやけたな、と思った。
サンタ

サンタの感想・評価

3.1
豪華キャスト!
寅さん

寅さんの感想・評価

4.0
第二次世界大戦終戦間近にメンバー7人がノルマンディから上陸し作戦を実行する。
そのメンバー集めが淡々としていてくどくなくて好印象!

何気にいい映画
人の命と同等に文化や歴史を破壊から守る。やはり人として必要な考え方である。
誰かが作った物であり、その人の人生や歴史があり更にそれを持っていた人の歴史も染みついている。それを守らずどうする?ヒトラーに焼かれるのが分かっていて見過ごすことが出来るか?もちろん戦争で若者も亡くなり物が大事か?不謹慎だと言う気持ちも分かるには分かるがそれだけではない。
これがこの映画の軸になっているので他の肉付けされた部分も生きて来る。

戦争の裏側が見れるからよかったし、コメディ要素もあり見やすい。

文化や生き方を守るための作戦。ここがテーマなのでジャケットのコメディ感とは裏腹に楽しめた。
>|