怪盗グルーのミニオン危機一発の作品情報・感想・評価

怪盗グルーのミニオン危機一発2013年製作の映画)

Despicable Me 2

上映日:2013年09月21日

製作国:

上映時間:98分

3.7

「怪盗グルーのミニオン危機一発」に投稿された感想・評価

子供がミニオンファンなので。
ミニオン可愛すぎる!
はてな

はてなの感想・評価

3.3

センスを信頼している方が、ミニオンズが結構好き、アグネスみたいな子どもがほしい、と言っていたので、アマプラで検索して観やすそうだったこの作品を視聴。

だからもちろんミニオンズ初鑑賞。USJのアトラクションでミニオンズの面白さと可愛さの虜になっていたので、彼ら彼女らが動くだけでも楽しい。ミニオンズを「可愛い」と思う心については、考え甲斐があると思うのでおいおい追記できれば。

結構過激なことが起こっているのに、ポップに見せられるのがアニメーションの醍醐味。画としてはずっと楽しかった。

問題は脚本、と少し斜に構えて見ていたが、思いの外構成がしっかりしていて驚いた。「母の日の劇」の件、リップステイック光線の件、まずいジャムの件。すべてにしっかりと温かいオチがつく。

また、好きな点としては、ストーリーを通した鬱陶しいメッセージ性がないところ。それよりも、(シリーズ他作品を見ていないため成り行きは知らないが)グルーが親を知らない子どもたちを引き取って伸び伸びと育てていることや、ミニオンズと楽しく働いているという設定自体に、風通しのよさを感じた。家族って職場って、こんなに自由で楽しくていいんだって、可能性が広がるようなわくわく感。

子どもをターゲットにした作品として、これほど作り込まれていると安心して見せられる。つまらない固定観念を見せて、人生に対して絶望感や閉塞感を与えるような作品が横行する中、この作品はとっても健全で解放感に溢れていて人生に希望を持てる。

そしてアグネスは最高に可愛い。母の日の劇の台詞を「ゾンビっぽくない言い方で」「ママ」に言う結婚式シーン。涙腺が緩む。

私もアグネスのような子どもがほしくなってしまったし、もし叶ったとすれば、この作品を見せてあげたい。

鶴瓶、中島美嘉、芦田愛菜の吹き替え、とっても素敵だった。特に中島美嘉の演技からは、なんだか心を感じてしまって虜になった。山寺宏一と宮野真守はさすがの巧さ。

シリーズの他の作品もチェックしよう。
かずね

かずねの感想・評価

4.5
すっかりミニオンの虜になってしまいました ミニオンのいる生活を送りたい人生だった…
個人的に前作より好きです☺︎
色々な愛の形がポップに表現されててとてもいい☺︎❤︎
>|