チャーチル 第二次大戦の嵐の作品情報・感想・評価

「チャーチル 第二次大戦の嵐」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

先日「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観て、その次「ダンケルク」を観て、以前観た「英国王のスピーチ」を思い出して、この映画にたどり着いた。基本、イギリス目線の映画ばかりだが、この辺りの歴史に疎いもので勉強になった。あれだけ戦争で活躍しておきながら、直後の選挙で負けるなんて思いもよらなかった。「どこに投票するのも自由だ、民主主義だからだ、それのために戦った。」というチャーチルの言葉は素晴らしい。
なんというか想像していたものとはかけ離れていた
チャーチルの日常に根ざした映画という感じで、とても忙しく苦労に耐えなかったんだなあくらいしか思わなかった
これで何か功績を残したすごい人であるとはあまり感じられなかった。