はるな

鑑定士と顔のない依頼人のはるなのレビュー・感想・評価

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)
4.0
なんとも切ないミステリー作品でした。
鑑定士を演じた名優ジェフリー・ラッシュの切ない表情が、この作品を物語ります。
また依頼人クレアを演じたシルヴァ・フースクのミステリアスな美しさも必見。
ともすれば退屈になりかねない絵画の世界を、ミステリアスなカラクリや競売シーンなどを上手く折り込み、エンドロールまで目を釘付けにするのは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の本領発揮といったところでしょうね。
「あ~っ、久し振りに引き込まれたぁ」って感じです。