sakasa

鑑定士と顔のない依頼人のsakasaのレビュー・感想・評価

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)
3.3

格調高い芸術品と演出に音楽。
それに合わせて静かに着実に
あの結末に向かって展開するストーリー。

一応ミステリーなので、
あんなラブストーリーを見せられても
どんな展開かはだいたい読めた。
もう少し捻って欲しかった気もするけど
楽しめたのでよかったかな。

ただでさえ精神をやられる出来事なのに
愛を知らない老人には
かなり厳しい現実だっただろうな。
見ていて少し辛かった。
それにしてもあの部屋
私がもし連れて行かれたら
ちょっと引くかも(笑)

この作品のキーアイテムでもある
歯車 の表現法はおもしろかった。
ナイト&デイ、素敵なお店。
実際にあるなら行ってみたい!