kyoka

鑑定士と顔のない依頼人のkyokaのレビュー・感想・評価

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)
3.5
思ってたのと違ったかも…
色々な解釈があるみたいで、観終わった後にネットで、最後の終わりについての意見を色々見てたら面白くなってきてまた見たくなりました:)
けど幼い私には少し早かったかも…?


《あらすじ》
天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある隠し部屋にこもったまま姿を現さない。その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、クレアの美しさに心を奪われる。さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。

《補足》
「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。音楽はトルナトーレ作品常連のエンニオ・モリコーネ。イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞。