mei

鑑定士と顔のない依頼人のmeiのレビュー・感想・評価

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)
3.5
何も予備知識がない方が楽しめる映画。
丁寧な物語の進め方が好みだった!



ここから少しネタバレの可能性あり
------------
ただ途中からヴァージル(鑑定士)が嫌だった。もう途中で見るのやめようかと…。
愛は美しいものであってほしい!
(↑偏見の塊でごめんなさい)
大人の恋愛は苦手だということがわかりました。(ラブシーンが苦手なだけ)
40年後ぐらいに観たらまた印象が違うかもしれない。



ここからはもっとネタバレ
------------
丁寧な物語の進め方は最後の20分のためなんですね!伏線がわかりにくい!嬉しいんだけど、種明かしされてもそんなに驚けない…。
でも私的にはこの結末で大丈夫です。
男ども、現実はそう甘くないのです。
そんな夢のような事が続くわけがない。
妙にスッキリしてる!