鑑定士と顔のない依頼人の作品情報・感想・評価

鑑定士と顔のない依頼人2013年製作の映画)

La migliore offerta/The Best Offer

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:131分

3.7

あらすじ

「鑑定士と顔のない依頼人」に投稿された感想・評価

peplum

peplumの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

公開時の評判、予告編の作りなどからなんとなく予想はしていた雰囲気だけど、正直胸糞映画だと思う…

いろんなジェフリー・ラッシュを楽しめるという部分はよかったが、それ以外の部分が(は??)という感じになった。

この手の映画にこういうのは求めてないと難癖をつけたくなった。
ジェフリー・ラッシュの笑顔を返せ。
memoria

memoriaの感想・評価

3.9
絵画が好きだから観ていて楽しかったけどもっと伏線が散りばめられていたら良かったのにと思った
Luuna

Luunaの感想・評価

4.2
無駄のない演出に大いに感動した。解説を読むとさらに好きになった。

ストーリー★★★★★
世界観★★★★☆
音楽★★★★☆
映像★★★★☆
好み★★★★☆
面白かったけど、最後やられた。そういうことか~~
ぬ~~。
フガジ

フガジの感想・評価

2.6
途中でこれってもしかしてと思ったら、本当にもしかしてしまって本当に胸糞悪かった。一応ジャンルとしてはミステリーみたいなのにミステリー感はないし伏線も少なくて残念。謎が解けてすっきりという感じでもなくただただ裏切られて嫌な気持ちになった。
ストーリーが悪いというわけではないけど、個人的に苦手というか嫌いな類の嫌な話で人にはオススメしない。

このレビューはネタバレを含みます

"あらゆる贋作のなかにも本物が潜む"
それが例えフェイクであっても本物の愛を見つけ、愛した物を奪われてもその時の感情を大切に胸にしまう純情さ…ラストのシーンは特に刺さる

ヴァージル・オールドマンという名前、そのまんま「童貞お爺さん」という指摘もあり、顔のない依頼人というタイトルにも別の側面が導き出されたのは見事。
ゆん

ゆんの感想・評価

4.0
「マツコの知らない世界」の手袋の世界で紹介されてて気になって観てみた


観なきゃ良かった…
こんな悲しい物語知りたくなかった…

でも物語そのものはとても凝ってて良い。

このレビューはネタバレを含みます

ニコラス・ケイジ出演作を思い出しますね。
(見てない方のために作品名は伏せますが)

ハッピーエンドという解釈もあるようですが、どうでしょう?個人的には切なさ9割です。。。ナイト&デイは行ってみたくなるお店です。

ビリーからの贈り物と気付かずに部屋に運んで(なんでこれがここに?と主人公は思ったはずですが笑)、その後に裏側で気付くシーンは好きな演出でした。

見終わった後に解説サイト見たり、一緒に見た人と色々議論したくなる作品だと思いますし、そういう映画って好きですね。
のんの

のんのの感想・評価

3.1
面白いんだけど
なんか、、。

え、そっち?

って感想でした。笑
>|